KunadonicLiveSpaceSystem

装備品の良し悪しですよ

Posted on: 2006年6月26日

 PSOでもそれは同じですが、装備品には得手不得手があり、それを有効に引き出さないと返って痛手を被る事にもなります。武器であれば、力型なら曲刀であり大刀です。知型なら剣と槍ですね。物理と魔法のどちらかが大きいキャラなら当然、その倍率の高い武器を使うほうが、有利な訳です。知型が曲刀や大刀を使ったり、力型が剣・槍を使うのは、その威力を相当スポイルする事となります。
 
 剣・曲刀の場合、その数字がわずかとなるため判り難いかも知れませんが、手数が増えれば増えるほど、差は大きくなります。特に力鎧で曲刀を使う場合、手数が決め手となりますから、その差は無視できなくなってくるのです。PSOで言うなら、マシンガン系ですね。仮に、与ダメが10%減るなら、時間あたりの敵の撃破数も10%減る事になります。となると、ソロPTを組むか組まないか、くらいの差になってしまいます。剣系はとにかく時間がかかりますから、槍系以上に「強い」事が重要になると思います。知剣についても、傾向は同じでしょう。守りが堅く、短時間で処理するという意識が出にくい特性だとは思いますけど、だからこそ、という気がしますね。
 
 槍系の場合、手数でなくて、威力そのものが重要です。隙も大きく守りも薄い、無駄が多くとも、とにかく初段で大出力をぶち込む事が、勝敗を大きく左右します。パッシブ相手ならスタン系が一番。アクティブで面倒な相手なら、遠距離魔法や投槍が有効です。短時間で高出力を狙うためのコンボは、基本的に発動の遅いもの~早いものという流れになります。1回のエンチャで繰り出せるスキルを、1つでも多くするためです。上手く行くと、1回のエンチャで3~4手を乗せる事ができます。ダメージを最小限に出来ますので、多少強い敵でも何とかなりますね。
 
 弓の場合は、結構難しいです。弓には物理型と魔法型の、2つの傾向が武器自体にあります。ここが実は重要で、力型なら力傾向の弓を、知型なら知傾向の弓を選ぶという方向性になります。この理論は、剣・曲刀、槍・大刀の選択と同じです。スキルの使い方次第で槍のようにも剣のようにも扱えますが、全てにおいて欠点があり、遠距離から攻められるという最高の利点を持って、目を瞑らなければならない事が沢山あります。知弓なら、打っては逃げの「ヒットアンドアウェイ」になることも多いでしょうし、力弓だと中途半端なイメージもありますね。
 
 槍、剣、弓の、それぞれの対立構図でいうなら、槍>剣>弓>槍になるでしょうか。槍の圧倒的な制圧力は、剣のちまちまとした攻撃を凌駕します。剣と弓なら、防御の堅い剣の壁を弓が破るのは難しいでしょう。弓は、槍のようなスタイルには恐らく一番対峙しやすい気がします。これは武器による拮抗を描いたものです。これにさらに、力・知の配分と防具の特性が加わりますので、必ずしもこうなるとは限りません。逆転させる要素が豊富なのも、面白いところです。
 
 魔法の威力なら、Juliさんも仰っていましたけど、火>雷>氷ですね。しかし防御的傾向を考えるなら、難しくなってきます。氷の冷凍と凍傷は最も恐るべき状態異常です。これほど悩ましく美しい攻撃もありません。かかれば最強、かけられれば必死という、他に類を見ないものです。防御傾向にある氷系は、知型の道服には大変ありがたい仕様です。雷は、むしろ補助的要素が豊富で、特にワープは武器の戦略を大きく塗り替えるものです。例えば弓。距離が命の弓にとって、一気に懐に入られることは、万死に値します。絶殺弓だろうが何だろうが、発動前に槍で叩かれれば昇天します。ここには、武器の特性を覆す戦略的要素があるわけです。火に関しては、剣系、鎧系に特化した内容になっています。魔法防御を高めると同時に、最大の攻撃力が期待できます。
 
 攻めも守るも、結局好みです。攻め攻めの無防御タイプもありだし、完全防壁の不沈空母もできます。それだと使い辛いのも事実ですから、結局はバランス傾向に落ち着くのでしょうけどね。バランス傾向になればなるほど、Lvの位置付けが固定的になって来るでしょうね。
 
 最後に、装飾。Juliさんの理論が大変面白くて、いわゆる防御アイテムの「減算」と「除算」の差が馬鹿に出来ないというもの。つまり、防具は「減算」、装飾が「除算」の位置付けになります。装備品をつけたり外したりしながら実証しました。防具の「減算」は単純にその数字分減るだけです。装飾の「除算」は、その数字の大小が結果を大きく変えます。ここから、色々な事が言えますね。
 
 防具エリクによる+1よりも、装飾エリクの+1の方がコストパフォーマンスに優れます(多分)。数字の調整はされているでしょうし、大きな差にならない仕様には、元々なっているはずです。なら、単純に安いほうが、パフォーマンスがいいという事になる訳です。防具エリクは売ってもイイですが、装飾エリクは売らずに使ってしまったほうが得。失敗しても、安く手に入ります。防具エリクの使用は極力慎重に。失敗すると、取り戻すのが面倒です。+2あたりで止めておくのも手ですが、装飾なら+2で失敗しても取り戻すのは簡単です。つまり、装飾なら+3くらい狙えって事ですねw
 
 それから、凍傷アクセ。一般に出回っているものでは、18%というものが目玉でしょうか。これを仮に、4つ揃えたとしましょう。18×4で、72%です。なんと、凍傷時間が約1/4にまで減ってしまうのです。毒消しで一発解消です。18×4で揃えるなら、多少Lvが低くとも有効に働く場面も多いでしょう。氷系で最も恐ろしい凍傷がほとんど効かないとなると、それはもう弱めの魔法でしかありません。火で攻めるキャラなら、差分で勝てます。こんな要素もあったりしますね。カラコルム周辺は、何かと凍ります。ここだけ18×4にするというのも、なかなかおしゃれな装備ですねw
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2006年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 2 weeks ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。