KunadonicLiveSpaceSystem

プレミアムビール戦争ですよ

Posted on: 2006年7月2日

 プレミアムビールの製品競争が激化していますね。サントリーのプレミアムモルツの大ヒットを発端に、各社もこぞって高品質ビールを開発、発売しました。しかし、プレミアムモルツを超えるプレミアムビールは、どこも出せていませんね。
 
 キリンは、『ブラウマイスター』。毬花ホップを手仕込み。ファインアロマホップ、アロマホップ、ファインアロマの3種類のホップを3段階に分けて丁寧に投入。熟成期間が通常の1.5倍(WEBサイトより抜粋)と、頑張っていますが……。原材料に注目。麦芽・ホップ・米とあります。はい、ドイツでは『ビール』に該当しません。残念ながら、欧州で評価される製品ではありません。が、日本人の味覚や料理、風土にあわせた、キリンらしいプレミアムビールです。決して、その内容が悪いといっている訳ではありません。
 そういう意味では、他のプレミアムに比べて、最も「キレ」のあるビールです。コクよりもキレ、という方々、特にビヤガーデン大好き~みたいな方々には、このビールは最高だと思いますよ。
 
 アサヒは『プライムタイム』を先日発表。事実上、最も出遅れた製品です。良質なビターホップに加え、最高ランクと言われるドイツテトナング地方テトナンガー種を中心としたファインアロマホップを贅沢に使用。だそうです(WEBサイトより抜粋)。ドイツ伝統の醸造法「高温アインマイシェ法」を採用。さすが後発の強みです。
 飲んでみた感想ですが、良くも悪くもアサヒです。アサヒが好きな人にはたまらない味でしょうね。以前アサヒで出していた、スーパーイーストに何となく近いかな~という気もしましたが、製法そのものが全然違いますし、やっぱり別物です。余談ですが、スーパーイーストは大好きだったのですよ。瓶内熟成のビールで、酵母が生きているという、ヴァイツェンのビールのような咆哮な味でしたね。日本人には受けなかったのでしょうけど、今でも懐かしく思うビールの一つ。それを期待していましたが、う~ん、他のプレミアムビールを意識しすぎですね。オリジナリティはあるのですが、それに固執してしまうのが、いかにもアサヒらしいというか…。
 単純に、美味しいビールを造ればいいのになあ。
 
 サッポロは、…実は最も古くから続くプレミアムビールを持っています。『ヱビスビール』ですね(*^。^*) 私も勿論大好きです。サントリーがプレミアムを最初に意識したというか、最も敵対視したブランドが、これではないかと思います。創業明治20年、ヱビスの黒も何と明治27年には発売されていました。明治33年にはパリ万博で金賞を受賞。嗚呼、西暦で1900年ですよ。100年以上前に、日本のビールが欧州で評価されていたのですよ。すばらしい。戦後社名をサッポロに変更し、ヱビスは姿を消しました。昭和46年に、28年ぶりに復活発売。以後、日本のプレミアムビールの王座を維持し今に至ります(WEBサイトより)。
 「ちょっと贅沢なビールです」は、もうおなじみですね。このキャッチは、ニクイほどウマすぎますね。所詮ビールですから、贅沢もなにもありません。欧州では当たり前ですしね。でも、日本の大衆ビールと比べたら…『贅沢』なのですね。さて、その違いがわかるかどうか!!! ここが、ビール通がホントにビール通かどうか、問われるところなのですよ。この、ウマすぎるキャッチコピーを考えた人も凄いですが、ヱビスを復活させたサッポロの方々の見識もまた凄いですね。
 
 そして最後に、サントリーの『プレミアムモルツ』(*^。^*) サントリーは旧来から、オールモルトに拘ってきました。日本人受けする米入りビールを、当初から嫌っていたのです。拘りというより単なる頑固とも見受けられますが(苦笑)、ヱビス同様、その本質をずっと見極めていた会社とも言えます。WEBサイトにある、ビールのスペシャリスト:山本隆三さんの「開発にかける想い」は、大変面白いので必読。日本は勿論、世界中のビールを知っている人です。
 サントリービールには、丹沢の天然水が使われています(関東向け製品かな?@武蔵野工場)。ビールは水も重要。サントリーは、ウイスキーで水に拘り、有名な山崎や白州の蒸留所も、何より水を求めての立地です。お酒にとっての水の大切さを、日本で一番理解しているメーカーじゃないかと思います。長年のオールモルトに対する拘りとあわせ、メーカーの水に対する情熱もまた、この最高のビールを生み出す要因だったのだろうと、私は思いますよ。
 
 あい、今日も飲んでますw 今日はサンマルクでワインでしたが、今はプレミアムモルツとヱビスを聞き酒しています。いやあ、どちらもうまい!(*^。^*) 単なるのん兵衛の、ビールうんちくでした♪
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2006年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 1 day ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。