KunadonicLiveSpaceSystem

ラジエーター修理ですよ

Posted on: 2007年2月12日

 SVXのラジエーターのアッパータンクを修理しています。この部分は樹脂製で、経年劣化によりクラックが入り、冷却水が漏れるようになりました。エポキシ接着剤を使って補修してみましたけど、ポリエチレンに近い素材らしく接着剤が全くくっつきません。こうした素材を用いるのは、冷却水や各種の液剤による影響を少なくする為だろうと思われます。経年劣化は、温度変化の激しい箇所で幾度となく極わずかな変形を繰り返しながら、ヒビに至ったものと思われます。
 接着剤がとにかくまるで役立たずなので、いろいろ検討してみる事にしました。
 PSOの友人である某風○さんがプロモデラーで、接着剤についていろいろ教えていただきました。ABS樹脂的プラスチック素材であることを伝えたら、真っ先に「セメダインのスーパーX」を薦めてくれました。この接着剤は瞬間接着剤などと同様、空気中の水分に反応して硬化するものです。ABS樹脂などにも使用可能とあり、早速今日試してみました。
 クラック部分はタンクのRのついた段差部分に、横に走っています。ここに接着剤を充填し、ABS樹脂をあてがえばうまく止まるかも知れない。まずABS樹脂用の瞬間接着剤についているプライマーを塗り付け。分子間力を引き出す為に、素地の分子に浸透しやすくする?ような気がしました。その上に、ABS樹脂用の液体接着剤を塗り塗り。溶剤が素地を溶かしている感じです。さらに、その上にスーパーXを厚めに塗りつけて、ABS樹脂製のパイプをRにあてがって圧着。針金で動かないように固定し、最後に隙間にスーパーXを流し込みました。
 素地に対する処理もしているし、スーパーXの固着力を引き出せると思いますが、果たしてどうなるでしょうか。スーパーXの耐熱温度は120℃。ラジエーターですから、水温は100℃を超えるかも知れません。120℃以下なら大丈夫なので、無事でいてくれる事を祈ります。完全硬化までまだ時間がかかりますので、じっと我慢なのです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2007年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

涼規じゅん

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。