KunadonicLiveSpaceSystem

ネット社会の広告ですよ

Posted on: 2007年2月21日

 ホームページを持てば左団扇で儲かる、という幻想はもう何年も前に崩壊しています。それでも、ホームページで売上倍増という呪文のような謳い文句は絶えません。手軽にネット開店、大規模なショッピングモールで顧客を大量誘致と謳う天下の「楽天」ですが、儲かっているのは楽天と一握りの検索ランク1位のお店だけ。同業他社の居並ぶモールで、似たような商品がいくらでもあります。極めて厳しい価格競争に晒されるだけです。普通の小売店が儲かるシステムは、そこにはありません。楽天の食い物になるだけです。
 楽天のシステムは良く出来たもので、そんな普通の小売店程度の顧客をかき集め、たった数ヶ月も続けばいいのでしょう。楽天に損害は一切なく、泣きを見るのは小売店。それでも、ホームページに夢を託す、後がないほど苦しい小売店は、いくらでもあります。楽天は、一握りの成功商品だけあれば、あとは踏み台となる多数の小売店だけで、左団扇なのです。
 
 そもそも、ホームページを作ったくらいで儲かるなど、そんなのは幻想です。リアルで売れない商品が、ネットで売れるはずもありません。言い換えれば、現実にヒットしている商品なら、ネットでもヒットします。電話注文の絶えない人気商品は、ネットでも馬鹿売れします。まず商品ありき、です。ネットで儲かるという言葉そのものがまやかしですし、そんな文句を見つけたら、それ自体が疑いを持つべき商法だと、感じ取るべきでしょう。ネットそのものを餌にする、いわば詐欺行為です。
 
 毎日新聞にこんな記事がありました。中井和久さんの言葉です。
 「毎日新聞は日刊紙の中で最古の歴史があります。その誇りに恥じない行為は何かを、広報担当者として常に考え続けていました。みなさんも企業それぞれに持つ誇りを胸にして、誠実に顧客や社会に向き合えば、小手先のノウハウなど実は必要ないと思います」
 言い得て妙。まさに、誇るべきものですね。楽天と対照的なのはソフトバンクでしょうか。小額で多数のサービスを実現している背景には、一握りの成功に乗っかる楽天とは大きく異なる、誇りを感じる事があります。ネームバリューや信用、社会貢献度など、そのどれもが一朝一夕には築けないものです。ネットで買い物をするのに、楽天の加盟店か否かは全く問題になりません。しかし、ヤフオクとそれ以外のオークションでは、サービスの内容は同じであっても、バックボーンとなるものが大きく異なります。
 
 私のWEBサイトづくりの根幹を成す、最大のモットーは、顧客も含めた人と人同士の意思疎通です。まずクライアントに始まり、その会社、商品や理念、徹底的にクライアントの意思を探ります。売りたい、儲けたい、は当たり前ですが、そこまで推す理由、人に薦められるだけの自信、開発に関わる苦労やその成果、結果としての顧客満足度など、とにかく知り得る全ての情報を得た上で取り掛かります。大切なのは、製作者サイドというポジションをクライアントの会社内部に留めることなく、自ら顧客の立場で検証することです。WEBページは商品の現物も見えないし、作り手売り手の顔も声も不確かです。だからこそ、信頼が絶対条件です。顧客が必要とするものに、適確にマッチさせた信頼情報です。
 食品であれば、衛生から始まり、栄養等の詳細や品質管理が大前提です。読み手はそれを直接知る事はできませんが、WEBページのデザインや、原料の写真、生産者の声など、各種の附帯情報でそれらを把握できます。
 早い・安いをモットーにするなら、余計な装飾は不要、文字だけのWEBページで充分です。売るためのコストをかけていないと読み手が考えれば、むしろそれは成功です。
 高級品であれば、とにもかくにも豪華にする必要があります。豪華であれば、莫大な広告費が動いていると感じ取れます。莫大であればあるほど、そこにステータスが生じます。その裏づけこそ、高級品の高級品たる証です。
 情報を売る会社なら、情報の充実したサイト。アートなら、芸術性が求められます。
 そうしたものを追求できるかどうかは、まさにクライアント、売り手の問題なのです。
 
 本当に売りたい企業であれば、こちらが何もしなくとも、WEBサイトについて「ああしよう・こうしよう」という意見が飛び込んできます。意欲的な企業であれば、ほっておいてもネタが尽きません。逆に、こちらからのアプローチを必要とする企業は、WEBサイトのネタそのものに苦労します。誤解を恐れずに言えば、売るものがないのです。物はあっても、売りになりません。そんな企業に共通するのは、誇りをまるで感じないと言うことです。
 
 自分が読みたくなる、知りたくなる、欲しくなるWEBサイトにする事が目標です。それが私自身の、誇りに繋がります。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2007年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。