KunadonicLiveSpaceSystem

インフルエンザですよ

Posted on: 2007年3月16日

 膿庖症が相変わらずだというのに、インフルエンザに感染しました。昨日・一昨日と38度の熱咽と頭の痛みは足の裏の痛みを越えました。特効薬もなく医者も役立たずですから、自宅安静に徹していました。タミフルなんて薬もありますけど、異常行動しそうなのでやめました。いきなりPCや無線機に向かって訳のわからんことを言ったりしたら怖いですしね。1日程度治りが早くなる程度の薬ですから、特効薬でも何でもありません。
 
 幸い、本日37度を切りました。体を冷やさないよう、療養に徹した事が幸いだったかと思います。まあ、インフルエンザは初めてではありませんし、体もある程度順応していたのでしょう。鳥インフルエンザでなかったことも幸い。
 
 謎なのは感染経路。インフルエンザには歴然と感染経路があります。今後の予防策を考える上でも重要な事ですけど…。不特定多数の人間との接触は殆どなく、潜伏期間を考えたら発症が水曜日ですから、日曜か月曜…。日曜日だと相方の可能性が高く、月曜だと某スタジオのプロデューサーです。相方は先週にインフルエンザらしき病を発症していますから、スジですね。月曜のプロデューサーは本人にその気配がないので恐らく的外れ。火曜日が実は一番読みづらく荒川と日暮里の印刷屋ですが…。ありていに考えれば、日曜日の相方との接触が、可能性の高いところです。
 
 さてインフルエンザ。本人が治ったと思っていても、保菌状態は数日続きます。熱が下がっても人と接する仕事は控えましょう。
 
 私は、それで、移されました。
 
 インフルエンザは鳥でもなければ致死することもありませんし、冷静を保っていましたが、膿庖症は今も継続中です。本当に膿庖症であればかなり根気の要る療養となります。腫れそのものは大分収まってきました。激しい痛みもありません。医者へ通えど、やることは抗生剤による殺菌だけですから、気休めにもなりません。また多量の抗生物質を処方されましたが、意味あるのでしょうかねえ。飲み続けても腫れは引くどころか別の箇所が腫れ、膿み、裂けて出血を繰り返していましたから。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2007年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 2 weeks ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。