KunadonicLiveSpaceSystem

モノを憶える必要のない時代ですよ

Posted on: 2007年7月23日

 四則計算もボタン一つ、面倒な表計算も、漢字も、電話番号までも、みんな覚える必要がなくなりました。道順も覚えなくていいし。これまで記憶をフル活用していた分野が、機械に依存するようになり、それはそれで便利になりましたけど、本当にそれでいいのか?と考える事も多くなりました。
 
 物忘れが激しいとか、そういう自覚はありません。憶えるべき事は憶えているし、覚えなければどうにもならないことは、やっぱり山積しています。記憶に投資する時間の問題とか、或いは能力、年齢などの問題もあるかと思いますが、でも「憶えられる」ことはステータスだし、基本だし、当然の事だし。「憶えている」というのは、嬉しいし、カッコイイし、スマートです。夕刊フジの記事に、自宅などの電話番号を覚えられない人が増えている、という記事を見ました。うーん、少なくとも私は職場や必要な電話番号はしっかり覚えています。これも九九のような語呂感覚で記憶していますけどね。企業がお金を出して仕入れた電話番号は、概して覚えやすいものです。憶えたほうが得なので、憶えるようにしています。
 
 アマチュア無線の場合、コールサイン、周波数は勿論、法規や慣例、マナーとか、初めは試験がありますし、機器の操作は高度でとにかく頭を使います。私もこれまで多数の趣味に興じてきましたが、これほど頭脳を駆使する趣味はありませんね。脳みそにメモリーを追加したい気分です。
 
 ネットゲームなども、憶える事は多数あります。
 知識をたくさん持つ事は、何事にも共通しますが、知らないのと比べて圧倒的に有利ですからね。でも、電話番号を覚えていることがどれ程のイニシアチブになるか?と考えると、やっぱり唸る側面もあります。憶えていない携帯の電話番号なんか山ほど電話帳にありますし。でもまあ、ステータスにならない記憶だからこそ、憶えないのかも知れませんね。
 
 憶えているべき事柄かも知れませんが、ネットで乱用されるIDとパスワードの組み合わせ。これも大変厄介ですね。パスワードの類は、要求桁数が5、6、7、8以上とそれぞれあって、これらを一々変えています。頻繁に使うものは憶えていますが、滅多に使わないものは暗号化されたファイルに専ら依存しています。IDログインを必要とするサイトやサービスは膨大な数になります。ファイルを見てびっくりです。100を超えています。共通するパスワードのものもありますが、とても覚えてなんかいられませんね。
 
 憶えていて便利な番号、意外と普通の人は覚えていないだろうものは、運転免許証番号、クレジットカード番号、銀行口座番号ですね。何となく憶えてしまいましたが、これはネット社会では結構使う機会の多い数字です。憶えておくと何かと便利ですよ。
 
 2アマの問題も覚えなきゃ…。しっかり理解はしたいんですけどね、然程難しいものではありませんし。PCのことならするする頭に入るのですけど…。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2007年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。