KunadonicLiveSpaceSystem

不思議な水漏れですよ

Posted on: 2007年10月6日

 ラジエーターが完治し、オイルシールも修復され、再び老体に鞭を打ちながらの長旅が始まったわけですが、まだ冷却水が漏れます。場所はエンジン下部辺りらしいですが、これまた謎。走行中~走行直後にその傾向はありません。エンジン始動前も特に異常は見当たりません。エンジンを始動すると同時に水滴が滴り落ちます。で、しばらくすると止まります。つくづく謎。ディーラーのメカマンはウォーターポンプを疑っていました。私はサーモ辺りではないかと見当を付けています。始動時に漏れるということは、サーもが閉じた状態です。サーモよりラジエーター側からの漏れだとすれば、当っている気がします。閉じていれば、当然圧のかかる部分ですからね。逆にサーモよりエンジン側になると、ラジエーター側より負圧になるはずです。この状態で漏れが酷くなるとは考えにくいはずです。
 
 となると、サーモ自体の取り付けの不備が疑わしくなってきます。確かに、一連の冷却水関連の不具合は、全てこのサーモの交換から始まっています。このサーモ交換を某スタンドで行い、その後エアコンから水漏れ。エア抜きの不完全を疑いながらエアコンを修繕、その後アッパーホースが裂け、続いてアッパータンクの亀裂に至ります。この一連の不具合は連鎖的に発生している事が明らかで、その発端となっているのが、サーモなのです。
 
 仮にサーモだとするなら、徐々に少しずつ水が漏れ、エアが混入し、内圧が下がり、沸騰し、蒸気が各所にストレスを与える結果となったという図式が浮かび上がります。いずれにしても、現在も水が漏れているのは明らかだし、このまま不具合を抱えたままだと、また連鎖的に事故が発生する可能性も高いです。
 
 サーモの交換なら、比較的手軽にできる部分です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2007年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。