KunadonicLiveSpaceSystem

リアワイパー換えましたよ

Posted on: 2008年2月5日

 最近ミニバンなどで流行している、リアワイパー交換をしてみました。MLの記事やWebの情報を加味しながら、何とかうまく行きました。
 
 このワイパーそのものの呼称は今ひとつ定まっていないようです。エアロワイパーだと意味が違いますし、ストレートワイパーでは曲がったものもありますからちょっと違います。SVXは元々曲がっている為、最近のスバル車で採用されているストレートのアームではフィットしません。MLのデータでは、VOXYとかのものがいいらしいとありました。記事にあったトヨタ車の部品通販サイトも検索して、さらに調べてみました。Webを漁ると、品番85241-48020のアーム(クルーガー等)が見つかりました。ブレードは品番85242-28060で、こちらはファンカーゴやVOXYで採用されているようです。クルーガー用はMPVでの改造例で各種のサイトで紹介されていました。品番も判明したので早速注文。合計金額は、4千円未満です。
 
 装着は加工が必要です。アームの付け根部分にはネジ外周に沿う形で段差があります。これが高さを増していて、ネジがはまりません。ここを削ります。さらに、ウォッシャーノズルがアームに接触しますので、裏側部分を削ります。5mm程度でしょうか。最後に、カバーを削った部分に沿って切り取ります。ウォッシャーノズルは通常アーム下に隠れますので、カバーはトランク側面だけ切り取ればOK。この加工部分に引っ掛ける爪があり、機能しなくなります。両面テープなどで貼り付けたほうがいいかも知れません。以上で完成です。作業時間は1時間強。
 
 機能的には申し分ありません。払拭範囲は若干狭まります。空力性能はよくわかりませんけど、高さがありますし、前方投影面積は明らかに大きい為、悪くなっていると思われます。空力を考えるなら、リアワイパーなど外したほうがいいです(苦笑)。見た目チューンですので、これで空気抵抗値が下がるという勘違いは、しないほうがよろしいかと。
 見た目で言うなら、最近の車のようにスタイリッシュになると思います。元々フラッシュサーフェスの効いた外装ですから、特にリアスポイラーのないSVXでしたら、かなりスマートになると思います。リアスポイラーがあると、見た目的なインパクトは弱いです。しかも、ルームミラーからの視界をかなり遮ります。が、はっきり言ってそれらを超越するスマートさは、なるほどオールラウンドクーペには相応しいものだと認識しています。
 
 フラッシュサーフェスという観点で言えば、たった一つ気になる点があります。ドアノブですw 先代アルシオーネのAXやVXをご存知なら、思い出していただける事と思います。あれをやってみるのも、面白いかも知れませんね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2008年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 2 weeks ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。