KunadonicLiveSpaceSystem

左肩に激痛ですよ

Posted on: 2008年3月8日

 昨日は全然痛くなかったのに、今朝起きてみたら、痛くて腕が上がりませんでした。そういえば、一度だけクロスで後ろ足がすり抜けて、氷上に叩きつけていたことを思い出しました。今頃になって痛みが走るとは…。週末でむしろこれが幸いなのか、不幸なのか。痛いので、今日はリンクに行きませんでした。
 
 スピンの練習が何となく楽しそうなのでイメトレしているのですが、軸足の荷重がどこに乗っているのか、さっぱりわかりません。ターンの要領で回転すると考えると、つま先あたりに重心があるように思うものの、両足スピンではつま先で回れるように思えません。シットスピンやキャメルスピンですと、軸足がわずかにずれている気がする場合もありますけど、通常の片足スピンは軸足が一点を捉えているように思えます。回れるようになれば、深く考えずに回れるものなのかどうか…。今のところ、回転をつけても今ひとつ不安定です。
 
 片足滑走で左右のエッジを使い分ける練習も平行しています。これは、イメトレで自転車のステアリング操作に似ていると感じました。自転車は旋回する時はカーブ内側に傾けます。これがエッジの使い分けと共通する部分ですけど、実際には、自転車を傾けただけでは曲がりません。ステアリングの操作も当然必要です。両エッジに乗って直進しながら感じたのは、左右への切り返しのきっかけがつかめない、ということでした。家に帰ってからずっと考え込んでいたのですけど、「片足スネーク」をしていたフィギュアの方を思い出して、ハッとしました。
 単に倒しこんでも、大きく曲がる動作にはなりません。ステアリングを切るように、回転動作に移行させるのが大事なのです。フォアの直進では、かかと荷重が重要です。かかとに荷重をかけると、自然と前傾姿勢になり、前に進みます。つまり、かかと荷重でつま先を左右に切る動作こそ、これなんじゃないか??? という気がしています。というのも、これまでターンの動作同様に、つま先に荷重を移動させようとしていました。しかしこれでは、減速してしまうのです。ということは、かかと荷重です。片足スネークもフォアのひょうたんと同じ荷重移動ですから、…きっとそうでしょう。次回の実証課題です。
 もしこの論理でいけるなら、バックの片足はつま先支点で切り返しが出来ます。これは身に覚えがあり、教本と現実のギャップでこれを実践していました。つまり、インサイド・アウトサイドを頻繁に使い分けていたということです。フォアの論理が合っているなら、それをそのままバックに持ってくれば、これもできるはずです。
 
 教本通りでうまくいく部分と、そうでない部分が、それぞれあります。書かれていないのはつま先~かかとの荷重移動ですね。考え方としては、「力点」と「支点」を「点」で考えることです。両足滑走を早く飲み込めたのは、間違いなく力点と支点を正しく把握できたからです。軸足・蹴り足とも言い換えられますが、具体的にはこれだけではなく、つま先荷重・かかと荷重があり、さらにインサイド、アウトサイドのエッジの使い分けがあります。両エッジに乗る場合もあります。こう考えると、点で捕らえるべき足の裏のポイントが、最低でも4つあることがわかります。もっとも、流れに乗ってスムーズに点を移動させる動作も必要ですし、瞬間的に切り替える場合も出てきます。いずれにしても、点で捕らえるという発想が必要な気がしています。片足滑走とスピンで必要になってきた要素でもありますが、バックにしてもターンにしても、意外とこの解釈は使えるんじゃないでしょうか。最初の滑走でも、「ナンバでかかと支点両エッジ乗り、かかと蹴りで前進」と言葉にするより、両足の図を描いて支点と力点を示したほうが、はるかに理解しやすい気がします。残念ながら、教本にはエッジの使い分けしか指示がないのです。
 
 体で覚えてきたからこそ、それを力学的に解釈できるようになりました。言い換えれば、出来ない事は力学的に説明できないのです。そのあたりが、このスポーツの難しい側面でもありますね。私がこうして書いている記述が、どこまで学術的なのかはわかりませんけど、こんな文章でも参考になるなら幸いですね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 days ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 3 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。