KunadonicLiveSpaceSystem

片足の壁ですよ

Posted on: 2008年3月9日

 難しいです。今日は渡部絵美さんのスケート教室もあり、大混雑でした。練習もなかなか進みません。やっぱり平日に慣れてしまうと、この環境で練習しようとは思えませんね。勿論最初からそのつもりはなく、氷上慣れが目的のお気楽スケーティングが目当てだったんですけどね。でも、これだけ混んでいると、練習にもなりません。ターンとかバックとかやりましたけど、別にこれといった進展もなく。
 肝心なのは片足スケーティングですが、どうも前回書いた理屈では埒が明かないようです。やっぱり、僅かな荷重移動で左右のエッジを使い分けるのが正しいようにも思えてきました。今日「できる」フィギュアの女の子を見ていて気がつきましたが、片足スケーティングに拘る大人は、滅多にスピンをしません(出来ない?が正しいかどうかはわかりませんが)。対して、片足滑走に慣れていないかも知れない女の子達は、スピンの練習をしていました。方向性として全く違うのか?とも一瞬思いましたが、そうでもないらしいです。両方とも上手な方は、当然すばらしいです。ただ、両者がお互いを補完する要素は少ないのでしょうね。低難易度のスピンは、比較的早い時期に覚えられるのかも知れません。となれば、片足滑走~ターンとなると、やっぱりかなりの難易度なのでしょうか。片足滑走は、バックをはるかに上回る大きな壁です。これも時間と共に、慣れてくるものなのでしょうか。当然、練習が必要でしょうけど。
 
 バックはつま先荷重とエッジの使い方さえ覚えれば、すぐに出来ます。しかし、片足滑走は…。相当時間がかかるかも知れません。かなり欝です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。