KunadonicLiveSpaceSystem

日本の原風景ですよ

Posted on: 2008年4月6日

 日本民族の第三回目です。今回で終わりかな。
 最後かどうかわかりませんが、今回は日本民族学にとって忘れてはならない人物、柳田國男について触れたいと思います。
 
 柳田國男といえば、遠野物語を筆頭に海上の道などの代表作があります。遠野物語は、皆様もご存知でしょう。
 柳田は明治の時代に、日本の伝統的な農業に触れる中で、そこで長い間変わることなく守られてきた伝統的な生活の智慧を、目の当たりにします。九州の椎葉村の焼畑、猪狩り、そして東北の遠野に伝わる民間伝承。急速な近代化が進む明治にあって、貧困に喘ぐ農村を救うという使命を抱いていた柳田は、実際の視察で逆に自分の認識を大きく変えることとなりました。日本の村々に残る原風景。近代化によって喪われ兼ねない文化を再認識し、彼の半生はその研究と保護に費やされました。
 
 焼畑の文化は、稲作以前から連綿と続けられてきたといわれています。つまり、縄文時代です。縄文時代中期には既に日本でも稲作が始まっていましたし、その方法も焼畑であったろうと考えられています。その焼畑では稲作は行われていませんが、方法は昔ながらです。一年目はそば、二年目はあわ・ひえ、三年目はあずき、四年目は大豆。四年過ぎると、その畑は自然に帰し、土地の生命力を回復させます。作物を変えながらの焼畑では、肥料も農薬も一切使いません。まさに自然と一体になった、日本古来の智慧です。
 対馬では、古代米と呼ばれる赤い米が作られています。分析によると、縄文時代にあった米と同一の系統だそうです。近年、弥生系の大集落が多数見つかっている九州に、そうした縄文の影響を色濃く残す痕跡がある事には驚きました。
 
 柳田國男の研究は、後の発見によって不足も目立ってはきましたけど、その根底にある日本民俗学の礎という役割は大変大きく、功績が色褪せる事もありません。特に、南方系渡来の縄文人については、代表作海上の道で、深く追求されています。比較言語学やDNA分析などがなかった時代にありながら、南方系の入植に言及していました。
 日本人が主に弥生人の文化を主体として、その後国家を形成していきますけど、各地に残った民間伝承には、一言では語れない多様性があります。漁業を営む人々については、昔からの海洋民族としての息吹を感じます。島々の人ならともかく稲作民でありながら、日本人ほど魚を好む民族も、珍しいと思います。仏教の影響で狩猟は廃れたかに見えますが、山間部では古来からの伝統的な文化を受け継ぐ猟も行われています。マタギと呼ばれる人たちですね。
 
 私が日本の原風景に強烈な魅力を覚えるのは、広く世界を眺めた経験からでもあるし、また各地に回り実際にそうした智慧に触れたからでもあります。グローバル化と平行して、個を重んじる風潮も最近はあります。グローバルな流れに埋没することのない、強烈な個性を、我々は持っています。柳田のいう、まさに日本人の宝です。
 日本にやってきた多くの人々がこの地に求めたものは、色々あります。食料だったり、新天地だったり、平和な土地だったり。日本にやってくる人は数多くいますが、日本から出て行く人はいません。地理的な事情もありますが、何よりこの地が他と比較にならないほど、住みやすいという事だと思います。気候にも自然にも恵まれています。そして、平和な土地を求めて、大陸の戦火から逃れてきた大多数の弥生人が、何より平和的な生活を望んでいただろう事は、想像に難くありません。必要に応じて戦もしましたけど、決して好戦的な民族ではありません。その後、戦国時代でも太平を望む思いは形になり、江戸時代という世界でも珍しい安定した秩序を築けました。武士道もまた、人を斬ることを諌める道徳観念として、今の世にも通用します。
 
 その歴史は決して平坦ではありませんでしたし、間違いもありました。しかし、日本人には常に、帰るところがありました。心の拠り所、即ちふるさとです。
 
 兎追いし かの山
小鮒釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷

如何に在ます 父母
恙なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出ずる 故郷

志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

 戦後の混乱から立ち直れたのは、このふるさとの暖かさというか、日本の原風景が、日本人の心の支えになっていたんじゃないかと、そう思わずにいられません。ここで謡われる山と川は、縄文の時代から変わらない、まさに日本の原風景ではないかと、そんな言葉で締めたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 days ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 3 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。