KunadonicLiveSpaceSystem

片足滑走ですよ

Posted on: 2008年4月22日

 片足滑走を集中的にするようになって、実は大分楽になりました。まず重心が正確に取れるようになり、不要な動作が極端に減った為でしょうか。滑走そのものも、一蹴りで10m以上滑れます。蹴る回数が圧倒的に減り、それも体力を消耗しない理由の一つです。片足滑走ですから、氷と接する部分も最小限。摩擦も少ないですから、速度も維持しやすいです。圧倒的に楽になりました。
 滑走足の安定性が高まると、蹴り足にも思いっきり力を入れられます。一蹴りのパワーが格段に向上しました。フォアですと逆ハの字ですが、軸足はアウトエッジに乗ります。この角度は前進力に無駄がなく、効率よく進みます。しかも、軸足を膝から前に着地させることで、前傾姿勢による前進力も強力ですね。パワースケーティングができるようになると、速度を自由にコントロールできます。ゆったりとした滑走もできるし、いざとなればホッケーの方々を抜き去ることもできます。速度が乗っていると、滑走そのものが大変気持ちいいです。
 
 パワースケーティングの必要性を感じたのは、実はシチズンでの経験でした。シチズンは氷のコンディションが悪いにも関わらず、フィギュアの女の子はみんな速度を乗せてガンガン滑っていました。当時の私の滑走では追いつく事もかなわず、唖然としていました。パワースケーティングそのものは、体格的には劣っていませんので、要領次第だとすぐわかりました。それとあわせて、アイスダンスの年配の方々を見ながら、片足スケーティングの効率のよさをつぶさに研究していました。疲れないスケーティングというのももちろんですが、華麗で美しい滑りというのも課題。ポイント勝負なら技を磨く事が最優先ですけど、それは元々目標ではありません。美しく滑るのは憧れでしたし、その上疲れないとなればこれは理に適っています。
 
 片足滑走とアイスダンス的滑りに、ホッケーやスピードのパワースケーティングの要素を取り入れて、自己流で滑っています。スタイルに決まったものがあるわけではありませんし、自分が理想とすればそれが理想です。ですので、人真似でない今の滑りは、気持ちいいですし楽ですし、満足しています。
 
 軸足が安定する事で、案の定片足ターンが見えてきました。大分コツをつかめてきました。片足ターンの難しさは、バックに移行した直後にあります。要するに片足バックとなりますから、その安定性がなければ失敗する訳です。片足バックができなければ、当然無理です。片足バックはフォアほどではありませんけど、そこそこ安定しています。
 片足ターンは、テキスト通りのスリーターンとして考えると難しく感じました。つまり3の字でバックに乗ると、片足立ちでは不安定になりがちなのです。エッジとしてはFLOからBLIなのですが、そんなのは理想論です。速度が出れば高速なカーブとなりますし、より直進に近くなります。スリーターンはエッジを90度方向転換させるわけですけど、高速ではそうもいきません。より180度に近くなっていきます。この点が、最大の盲点でした。
 思い切って、足を180度方向転換するつもりでないと、高速でのターンは上手くいかないのです。速度があれば、慣性によって体そのものはそのまま進行し続けます。それに逆らう動作をするから失敗するわけです。つまり、体を180度ひねるのは当然として、足もそれに合わせて180度回せばいいという事です。3の字を書こうとしてはいけませんね。
 
 この域に来て、モホークターンの意味がやっとわかりました。スリーターンは片足だろうと、速度的に効率が悪いのです。高速で速度を殺さずに、スムーズにバックに移行する最適のターンなのです。確かに、上手なモホークは大抵速度が乗っています。こういう事は、経験則でないと見えてこないことかも知れません。勿論熟練の方々はご存知なんでしょうけどね。ただ、教本の類には全く書かれていません。理屈で入ると、モホークターンの意味や用途、スリーターンの限界なども、見えて来ない気が致します。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。