KunadonicLiveSpaceSystem

アイススケートリンクの経営難ですよ

Posted on: 2008年5月4日

 銀河アリーナの水浸しリンクを見ながら、経営難の実態を感じてしまいました。
 恐らく、経営において最もコストのかかる季節は、夏です。莫大な冷房費用と維持費がかかります。全ては気温のせいです。東京近郊の公営のリンクの多くが夏季に営業しないのは、その採算の問題が解決できないからでしょう。プールとして営業している施設が多く、これには然程コストはかかりません。利用者が少なくても、赤字経営にはなりにくいでしょう。夏季に休止するくらいなら、プールで少しでも稼いだ方が健全に運営できます。
 
 夏季にプール営業しているリンクは、銀河アリーナ以外にも、江戸川スポーツランドなどがあります。船橋運動公園は屋外ですが夏はプールになります。その他、遊園地系の多くがプール等との併用施設となっています。屋外では春~秋にかけて営業できません。残念ながら、アイススケートはアウトドアとして考えれば、ウインタースポーツなのです。インドアならオールシーズン楽しめるんですけど。
 
 東京近郊のオールシーズン営業のスケートリンクは、大抵私営です。しかも大企業がスポンサーになっている事が多いです。東京なら西武線沿線。恐らく西武鉄道も絡んでいるでしょう。シチズン・ダイドードリンコのブランドは、リンクの代名詞にもなっています。
 
 銀河アリーナは、冷房が強くないです。だから冬場でも比較的暖かいのだと思われます。それが氷の質を柔らかくもしている気がします。天然リンクや、屋外リンクに近い氷の質です。対して通年営業のリンクは大抵冷房が強く、氷が硬いです。夏場の暑さの中でも営業できる施設ですから、保温がしっかりしているのでしょう。
 
 聞いた話ですが、通年営業のリンクにかかる年間コストは、2000万円だとか。建設費の充当やその他の維持費もあるだろうに、基本コストがこんなにかかるなんて、随分贅沢なものです。お客が少なくなれば、あっという間に赤字に陥ってしまうのでしょう。荒川ブーム以前のリンク廃業ラッシュは、そうした現実を避けて通れない苦しい実態ゆえですね。幸い、ここ数年は比較的盛況です。それでも楽観視はできないと言ってましたが、スポーツというよりエクササイズとして、趣味の一環として、さらに普及してくれる事を望みます。スケートリンクがなくなれば選手も育ちませんしね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2008年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @okome_dbs: 阪俺お品書きできました~。新刊をとても早く作ってしまったのでグッズも作ってみました。実用重視でバッグとメガネ拭きです、自分用の延長です。 しこ(やなうるぴ)様の委託品もあります。お隣は菜々様なので遊アキのようです♥ https://t.co/9cA… 2 days ago
  • RT @hanatsumi: 早くも続編のリリースが待ち遠しすぎるゆるゆる劇場。実は大昔別名義で同人誌まで出してたりして。結構な数余ってるので新たにハマった人に配って歩きたいところだけど、この本劇場版ネタだから劇場版がリリースされないと配れないな。あー劇場版がリリースされないと… 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。