KunadonicLiveSpaceSystem

大変画期的な記事ですよ

Posted on: 2008年11月29日

 画期的なニュースですので、全文を引用しておきます。

豊洲や赤坂など、都内でスケートリンクが急増中

東京ウォーカー11月29日(土) 11時24分配信 / エンターテインメント – エンタメ総合

写真を拡大する
豊洲や赤坂など、都内でスケートリンクが急増中豊洲や赤坂など、都内でスケートリンクが急増中

この冬の目玉の一つ、赤坂サカスのスケートリンク(イメージ)
この冬、都内にスケートリンクが続々登場する。全国的にスケートリンクが閉鎖する中、なぜいま? 取材を進める中で、テレビ局の“フィギア中継連動型”と、“子供集客型”の大きく2つに別れることがわかってきた。

「赤坂サカスでは、構想段階から“冬=雪とスケートリンク"という企画を進めていました。冬ならではのテーマパークを作りたかったんです」(TBS赤坂サカス推進部)。12/6(土)~09年2/15(日)に冬のイベント“White Sacas”の目玉としてスケートリンクを設置する赤坂サカスは、“フィギア中継連動型”の代表格だ。イルミネーションやテレビ番組との連動企画なども絡め、スケートリンクにて多くのイベントを開催予定という。

12/5(金)~09年1/4(日)に日比谷パティオの「クリミオキャンディリンク」を主催するテレビ朝日の答えは、さらに明快。「ことしの12/10(水)~14(日)に韓国で開催されるグランプリファイナルを盛り上げるためということもあります。それ以上に、来年の12月に日本で開催されるグランプリファイナルに向けて、人気を盛り上げるためにスケートリンクを主催しました」(テレビ朝日事業局)

一方、子供を対象にスケートリンクを新設する施設もある。キッザニアを併設するららぽーと豊洲では、12歳以下限定で12/20(土)~24(水)に“氷を使用しない”スケートリンクが登場。なぜ子供に限定したのか?

「会場のスペースの都合というのもありますが、海辺にあるスケートリンクなので、広い景色を見ながらお子さんにスケートを楽しんでいただくということです」(ららぽーと豊洲広報)。

同じように子供をターゲットにしているのは老舗遊園地「としまえん」。12/20(土)~09年3/1(日)に、冬場の集客増加を狙い開業80年で初めてスケートリンクを創設し、強い意気込みを見せる。

「外に出たがらない今の子供たちをスポーツ志向にしようと、スケートリンクを約1年前から準備してきました。沿線の東伏見アイスアリーナなど西武グループで培ったノウハウをいかします」(としまえん広報)

各主催者の思惑は様々だが、共通して垣間見えたのは“スケートを盛り上げよう”という意識だ。取材の中で印象に残ったのは、次の言葉だった。

「スケートリンクが次々と閉鎖し、スケートシューズも余っています。人気とは裏腹に競技人口がどんどん減っていく現状を、何とかできないものかと考えたんです」(テレビ朝日事業局)

フィギア人気や“氷を使わない”プラスティックリンクの登場もあり、スケート業界には明るい話題もある。この冬をきっかけにブレイクする気配を見せる都市型スケートリンク。スケートに行ったことがある人もない人も、この冬は相方を誘ってスケートリンクをめぐってみる、絶好の機会だろう。【東京ウォーカー/中道圭吾】


 個人的には願ってもない盛況ぶりです。お陰様で今年の冬はいろんなところで趣味を満喫できます。リンクが活気付けば、スケート人口もますます増えるでしょう。増えればリンクも潤うし、潤えばさらに盛んになりますね。良い事です。
 西武系列はもともとアイススケートには熱心です。お抱えのオフィシャルホッケーチームもあります。ここが力を入れるのはむしろ当然。ここに来て突然というものではなく、元々熱心だったのです。一昔前なら、どこのゆうえんちにも冬季にリンクが設けられていたものです。富士急ハイランドを筆頭に、冬の風物詩として、また子供の手軽なレジャーとして、親しみのあるスポーツでした。今では、多くの遊園地からリンクが消えました。多摩テックが近所で、子供の頃にスケート教室に通いました。そこで基本スケーティングを覚えました。今は多摩テックにはありませんね。よみうりランドにも確かあった気がします。ここ10年くらいで、リンクが本当に少なくなってしまいました。
 
 ただ、この記事からも明らかなように、その経営には難しい側面もあります。子供向けリンクだったり、樹脂リンクというのはその象徴でしょう。子供だけで滑らせて、上手くなるはずもありません。可哀想な気もしますが、目的を考えればないよりマシです。他、小さいながらも横浜の赤レンガ倉庫では、カップル向けのリンクが今年も開業します。こちらは行くつもりです。赤坂サカスは、恐らく思いっきり上手な人が一握りと、思いっきり下手な人が沢山という状況でしょう。ここも機会があったら行くかも。としまえんのリンクは行かない気がします。とりあえず、この貴重な情報を整理しましょう。
 
●赤坂サカス 12/6(土)~2/15(日)
●日比谷パティオ 12/5(金)~1/4(日) XTRAICE(エクストラアイス) フィギュア靴の持ち込み制限があるかも??
●ららぽーと豊洲 12/20(土)~24(水) XTRAICE(エクストラアイス) フィギュア靴の持込は間違いなくだめでしょう(12歳以下限定)
●としまえん 12/20(土)~3/1(日) リンク 24m×42m
●赤レンガ倉庫アートリンク 12/6(土)~ 2/15(日) 【スケートリンク大きさ】23m×40m 【氷の厚さ】7~9cm スケート教室もあり
 
 いずれも本格的な競技用リンクではありませんね。レジャー感覚で考えたほうがいいかもです。どちらもフィギュアの貸し靴があります。やっぱり比較してしまうと、老舗の遊園地系のリンクは圧倒的に充実しています。特に富士急は並の屋内リンクをはるかに凌ぐ規模です。ぐりんぱも広大なリンクが売りです。西武園も一部が雪遊び広場になってしまいましたが、かなり広いです。その他遊園地系では、横浜のこどもの国は屋外ながら屋根つきで広さも競技用と同じです。
 さて、師走ですねえ。車が直ったら、攻勢かけますヽ(^。^)ノ リンクめぐりなのです。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 1 day ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。