KunadonicLiveSpaceSystem

冬季限定といえば屋外レジャーリンクですよ

Posted on: 2008年11月30日

 屋内の公式リンクもリンクはリンクですけど、オンシーズンの醍醐味はやっぱり屋外。景色の爽快感は昼夜を問わず、格別です。異型リンクも多く、広大な面積で思う存分滑れるのも魅力ですね。スキー感覚に近いかもです。で、屋外レジャーリンクといえば、まず遊園地でしょう。特に富士山周辺には、樹脂リンクも含めて多数あります。かつては、山中湖が全面凍結した折など、湖上の天然リンクなどもあったようです。温暖化の昨今は難しいかもですが。とりあえず、東京周辺の屋外リンクをまとめてみます。
 
■富士急ハイランド
 老舗にして最大規模のリンクといえば、ここ。橋本聖子のホームリンクとしても有名でした。その為、スピードスケート用の周回トラックリンクがあったりします。営業期間が最も長いメインリンクは、池をそのままリンクにした「クリスタルラグーンリンク」。池の底に氷を張ったリンクで、面積が広く、噴水や橋などがあって複雑な形をしています。滑っているだけでも楽しいという、最もレジャー向けなリンクです。特筆は、オールナイト営業。週末はオールナイトで滑走が可能。24時間以上滑っていられるのは、全国でもココだけでしょう。
 
■ぐりんぱ
 ここも富士の裾野にある遊園地。富士急と並びスケートに力を入れている遊園地です。ここはとにかくリンクの面積が凄いです。池を全面リンクにしてしまったという感じです。人とぶつかる可能性が少ないですから、思いっきりスピード滑走も出来ますし、安心して練習も出来るでしょう。
 
■西武園ゆうえんち
 例年、夏季に「波のプール」になっている場所に、氷を張ります。異型リンクにして、こちらもかなりの面積を誇ります。公式リンク(ホッケーリンク)2つ分すっぽり入るサイズ。ただ、ここ数年は面積を縮小する傾向にあり、今年のサイズはまだ未確認。としまえんとも共通しますが、西武系列はスケートには力を入れています。貸し靴などのコンディションも、比較的良い部類といっていいかもです。ゆうえんちの休園日にも、スケートだけは利用可能。料金も安いです。
 
■としまえん
 注目に値するかどうかは微妙ですが、今年から初めて開業するスケートリンクということで、あえてピックアップ。西武園と同様、西武系列ですので運営管理は行き届いていると思います。予定されていたスケート教室は、既に満員御礼にて締め切りだそうです。残念ながら、リンクのサイズが小さいです(42x24m)。交通の便が良く、都内としては極めて珍しい露天の屋外リンクということで、今後も続くといいですね。休園日にもスケートのみ営業しているようです。
 
■こどもの国
 こちらは老舗。屋外ながら、リンクを覆う屋根がある全天候型なので、露天ではありません。大きさも公式リンクサイズですから、公営の屋内リンクに近いタイプです。遊園地系としては珍しい、メイト券というスケート期間中有効のフリーパスがあり、これが圧倒的に安いです。ついでに、こちらもスケート教室は満員御礼だとか。
 
 遊園地系の魅力は、やっぱり異型にして広大な露天リンク!といったところでしょうか。その点では富士急系列が他を圧倒しています。立地が富士周辺という、気候的にも恵まれた条件だからこそ出来るものかもです。その理由は維持コスト。気温が低ければ低いほど、コストが下がります。富士周辺は気温が低く、条件的には恵まれています。また、きれいな水が大量に必要になりますが、その点でも恵まれています。
 入場料だけで滑走できる場合は、料金も魅力。その場合は貸し靴代だけでリンクを維持していることが多く、その貸し靴が異常に高いことはあります(富士急ハイランド)。別途料金の場合は、他の公営リンクと比較しても、びっくりするほど高いということはありません。一般感覚としては、精々続けて滑っても2時間が限界という、暗黙の了解があるからです。慣れない人なら1時間で切り上げてしまいます。つまり、貸し靴を含めれば充分に回転するアトラクションなのです(苦笑)。もちろん、慣れた人にはそれは当てはまりません。慣れた人なら一日中滑っていられます。でも、慣れた人がいるというのは重要で、興味本位の初心者を惹き付ける、看板役なのです。なので、安めに設定していてもコストが釣り合うという、仕組みなのです。
 
 但し、遊園地系はいずれも、駐車場代がかなり高いです。一般的に一日駐車で千円前後が相場。都心に近づけばさらに高くなります。可能であれば、多少離れている駐車場を探すのが理想ですが、富士山周辺では難しいでしょうね…。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。