KunadonicLiveSpaceSystem

フィギュアスケートはジャンプをするものなのか?ですよ

Posted on: 2009年11月6日

 競技としてその技術を数値化しなければ、優劣を客観的に比較することは難しいです。で、技に対して難易度を設け、それを得点として加算し合計を比較する方法が採用されています。これが、現在のフィギュアスケートの競技としての実態。タイムだったり、ゴール数だったりする、他の競技とは比較にならないほどややこしいものです。で、そんなややこしさに一般人の理解が及ぶはずも無く、スケート競技の華やかさとは裏腹に、見ている人は解説者の「トリプルルッツ」「トリプルアクセル」などのジャンプの意味もよくわからず、常人離れしたそれらの技に呆然としながら、まあ失敗したとか成功したくらいは何となく分かるので、そこに一喜一憂する訳ですが。
 
 でもまあ、現在優劣の要となっているジャンプについては、やるのはともかく区別するのはそれ程難しくありません。回転数に応じて、シングル~ダブル~トリプル~クワドラプルとなり、ジャンプの種類も基本的には6種類だけ。前向きで踏み込むのはアクセルだけで、これは見ればすぐ分かります(前向き飛び~後ろ向き着地なのでプラス半回転多くなる)。他はみんな後ろ向きに飛びますが、連続ジャンプならトゥループループのどちらかで、左足のつま先で飛べばトゥループ、そうでないならループです。アクセルは半回転多くなり難易度が一番高いジャンプなので、連続でやる事は少ないです。右足のつま先で飛ぶのがフリップルッツ。ルッツの方がフリップと比べ難易度が高いです。フリップとルッツの違いは慣れている人でも見極めは面倒。ジャンプ前に乗っているエッジがインかアウトかで分かれます。飛ぶ前のカーブと飛んだ後のカーブが同じならフリップ、違えばルッツ。フリップは円を書くように飛びますが、ルッツはS字になります。なのでこれはテレビで見ながら見分けるのはちょっと面倒。直前のエッジが見えるかどうかが決め手です。連続ジャンプの1回目でよく用いられるのはサルコウでしょうか。サルコウは女子の4回転でも成功例があり、難易度は低め。と、この6種類のジャンプと回転数、あとは連続かどうか。そんだけです。
 
 スピンはもっと面倒で、細かいステップになると採点がどうなっているのかサッパリです。ただこの辺は難易度的に差が付けにくい為、必須要素を失敗無くやるだけのものになっています。勿論プレゼンテーションで差が出る要素はむしろこちらですが、そうなると数字の根拠が主観に近くなるでしょうし、それこそ評価の分かれるところです。とはいえ、荒川イナバウアーなどここで大差をつける事も不可能でないことから、余計競技として難解な基準となっていることは否めません。
 
 でもまあ、勝つにはとにかくジャンプ。そして柔軟性と表現力も大切。選手ならそのどれもが避けて通れない必須項目。趣味なら、切り捨て御免も大アリですが。
 
 フィギュアスケートにとってそれ程ジャンプが重要なのか?というのは、長年の疑問でもあります。結局今の競技の実態は、ジャンプの成否と優劣が勝負どころとなってしまっています。そこに相当の技術力が必要だという事は否定しませんけど、それだけがフィギュアスケートの楽しみかどうかと考えれば、私は否定したいです。現在のフィギュアの花形はフリースタイルでしょうけど、フィギュアスケートの一ジャンルに過ぎません。他にも、競技としてはコンパルソリー・アイスダンス・シンクロがありますし、アイスショートなればそれらに縛られない自由な演技を見ることが出来ます。アマチュアの競技は、難易度の高い技を簡単にこなす事を求められます。逆にプロの演技は難易度の低い技を難しく見せて楽しませたりもします。アマチュア競技が崇高という認識は崩しようがないものの、反面プロの演技が所詮ショーアップされた程度の低いものという考えには、否と答えます。人を楽しませるのも技術です。数字化出来ないプレゼンテーションの最たるものでもあります。
 
 個人の趣味として楽しむなら、究極はアイスダンスなのかも知れません。これこそ本来、他人に評価されるようなものではありません。本人たちが音楽に合わせて、軽やかにステップを踏んで行く様は、見ている側も確かに楽しいのですが、本人たちが一番楽しいに決まっています。誰に見せる訳でもなく、ステップシーケンスを練習したりもしますが、やっぱり楽しいです。シンクロともなれば、その完成に伴う喜びはひとしおでしょう。トップレベルの競技者ならともかく、一般的なスケーターなら、とにかく楽しく滑る事が最大の目的です。ジャンプが楽しいなら飛べばいいし、ステップが楽しいなら思う存分踊ればいい、スピンが気持ち良いならフラフラになるまで回ればいいのです。
 
 フィギュアスケートは、難しいものではありません。やればやるほど、楽しいものなのです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2009年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 1 day ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。