KunadonicLiveSpaceSystem

たかがソレノイド、されどソレノイドですよ

Posted on: 2009年12月6日

 謎。もうさっぱりわかりません。
 仮にソレノイドがダメだったとしても、一番怖いのは例えば、他に原因があって結果的にソレノイドが壊れたというパターン。そうなると、単にソレノイドを変えれば済むという問題ではなくなります。ロックアップ機構自体の不具合だとしたら、もうどうなるかわかりません。ATまるごと交換したほうが早いといっても、実は原因がECUだったなら単なる無駄金を投じるという結果になるわけです。原因の特定が困難ということは、都合よくピンポイントで修理することが難しいということでもあります。なまじブラックボックスなATですから、その修理も実に難しいです。
 
 不幸中の幸いというか、フェイルセーフでロックアップを停止させた状態で、普通に走行できています。高速も問題ありません。難を言えばトルコンが常に滑っていますから、燃費が悪くなりますね。効率でいうと10%ほどダウン。なので、長い目で見て考えてもいいのですけど。手を付け始めると、いつ解決するかもわからない状態なので…。
広告

コメント / トラックバック3件 to "たかがソレノイド、されどソレノイドですよ"

トルコンが滑るって、フォワードクラッチの事ですか?

トルコン自体の伝達効率の話です。流体ですので、ロックしない限り100%の伝達効率を実現する事は出来ません。デューティー比5%程度が最大かと思われますが、熱損失などもあり、概ね10%程度の実質低下となるらしいです。その損失を0にするために、ロックアップ機構というものがあるわけですね。油圧でトルコンをロックしてしまいますから、流体損失は皆無、伝達効率100%です。

おぉぉ。トルコンも進化していたんですね、滑るって元々滑ってるもんだからなぁとか考えてました。高負荷時、流体の流れを上手く流す羽とかがあったような気がしますが、メモリー消去されてますw故障探求は大事ですね。それこそ整備の真髄というか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。