KunadonicLiveSpaceSystem

シットスピンですよ

Posted on: 2009年12月13日

 上手な人に嫉妬して始めたシットスピン。「Oh,Shit!」しゃがんで回るスピンですが、差し足がシッ飛んですまいます。まーでも何とか回れるようにはなってきました。上手くしゃがめれば、重心も低いし遠心力も強いので、今まで覚えたスピンの中では一番安定しますね。
 
 結局このスピンも、スリーターンが切欠で、フリーレッグと右手を平行に振り込むのは同じ。スタンド系のコツ「体の前に抱え込むように」とは違い、軸に対してとにかく遠くに、手と足を延ばすという感じですね。肩も入れて、背中も丸めて、ひざを曲げて腰を落とすという感じ。このスピンは慣れている人でも明確に形が定まる事は無く、個人差が激しいですね。それもそのはずで、男女差や体格差は勿論、スピンの乗り位置の微妙な差、ひいてはブレードの差にも関わりますし、靴のかかとの高さでも違ってくる感じがしています。背中を丸めて頭まで倒して下を向く選手もいたりしますね。最近ですと、ライザチェックのシットスピンがこんな感じ。ひざの曲げ角度は規定ではフリーレッグが臀部より下にならないこと、だそうで。とりあえず水平になってればOKらしいです。
 
 ってことで、これもまだ完成とは言い難いものの、成功はしました。スクラッチとかクロスフットなどのアップライト系より、私にはやりやすかったです。これは脚力の問題かも知れません。といういのも、これをやるには最低でも「片足しゃがみ~そのまま片足立ち」が出来ないと、形にならないからです。幸い、これは幼い頃から得意で今も全く問題なし。練習段階では、片足しゃがみの状態で直進滑走するシット滑走という、練習技もあります。これもシットスピン同様フリーレッグを真っ直ぐ水平に伸ばしますが、直進滑走が出来れば比較的簡単です。ただし、ブレードが上級者向けになると、やりにくくなる傾向があります。
 
 スピンは安定さえすれば、連続して回り続けるのは難しくありません。シット系は姿勢の維持が困難な為、体力を要しますが、それでもジャンプに比べれば楽です。年配の方でもジャンプはお奨めしませんが、スピンは全然平気です。スピンは手数が増えれば連続技も比較的楽ですね。コンビネーションも組みやすいです。例えば、よく行われるのはキャメル系~シット系~スタンド系のコンビ。演目の最後にこのコンビが行われる事が多いです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 2 weeks ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。