KunadonicLiveSpaceSystem

これは?!?!ですよ

Posted on: 2009年12月19日

 今日も色々思いをめぐらせながら、富士急ハイランドに行ってきました。やっぱりダメポ。
 
 で、家に帰ってボーっと解説書を読みながら、ATの項目にあるATFクーラーのパイピングのイラストを見ていて……。あれれ? アースが2本バルクヘッドに落ちてる…。こんなのあったっけ??? と懐中電灯を取り出して、エンジンルームを先程確認しました。
 
 やっぱり…。
 
 アースが断線していました。恐らく、トルコン換装の際に取り外したか、切断したか、そのまま気付かなかったのでしょうね。当初は大きな不具合も無く、見過ごされたのでしょう。これが一連の不具合の原因かどうかはまだ分かりません。しかしながら、ソレノイド交換済み、ECUチェック済みとなれば、残りの疑うところは油圧系統しかない訳です。それでも私は当初から電気系統を疑っていた事は、記事を読み返せば明らかです。しかも、このアース断線は不具合の如何に関わらず、トルコン取り付け時のミスですから、これは声を大にしてディーラーに言うべき所なのかも知れません。仮にこれで治らなかったとしても、一連の不具合を助長させていた可能性も、否定できないでしょうから。
 
 とりあえず、明日はアーシング。ディーラーに持ち込んでやってもらうもアリだし、その前にブースターケーブルなどで結線して不具合の確認をするのもアリですね。
 アースについてはSVXは意外とナイーブで、特にエンジン回りのアース処理をすると、シフトタイミングがずれたりする妙な不具合の出現が知られています。つまり、今回の一連の不具合についても、これに近いというか、かなり準じたものの可能性が、私には見えるのですよ。アースによる変化の兆候を知っているだけに、あながち否定できない要素なのです。しかも、時系列で考えてもトルコン振動の発生時期とも符合するし、怪しさ300%なのです。
 
 でもまあ、過度な期待はすればするほど、外れた時の落胆が大きくなるので、程々にしておきましょう。寝覚めが悪いので、アースだけ結線してくれと、そうディーラーにお願いするつもりです。それで治れば??? 7万円の授業料も少しは帰ってきたりする??ものではないですよねえ…。でも、アース断線はクレームに違いないわ。
広告

コメント / トラックバック2件 to "これは?!?!ですよ"

明らかにディーラーのミスでしょう。その後も発見できなかった訳で、そこから発生した不具合はそこが恐らく根本なので、これが医療ミスだとしたら、大変な事になりますし、車も場合によっては人が死にますので、穏やかな事じゃないですよ。

アース処理をしてみたものの、結局不具合は相変わらずですね。不具合による不具合が進んで、もう取り返しが付かないのかも知れません。うーん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

涼規じゅん

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。