KunadonicLiveSpaceSystem

ブレードの研ぎ方ですよ

Posted on: 2009年12月23日

 足と金を失うと、途端に趣味が遠のきます。仕方ないですが。
 
 仕方ないので、刃を研ぎました。
 研ぐと言っても、貸し靴のようにグラインダーで簡単に、とはやりません。自分で編み出した、究極の鏡面処理です。あまりスケートコンテンツでは紹介したくないので、さり気なくブログ限定公開。といっても、そんな難しいものじゃないですが。でも、多分同じ事をしている人はほとんどいない気がします。
 
 まず、砥石で粗研ぎ。13mmの丸砥石をオイルで数回滑らせます。この作業は一般的。ここから先が勝負です。
 続いて、400番の耐水ペーパーを、13mmの丸鉄棒に巻き付けて、数回滑らせます。さらに、600番、1000番、1500番、2000番と続けます。滑らせる回数は、番手を上げるごとに往復数を倍に増やしていきます。400番で2往復させたなら、2000番では32回往復ですね。最後に、コンパウンドです。タオルなどのボロ切れにコンパウンドを付けて、丸鉄棒に撒き付けて、仕上げます。指で刃を触って、吸い付くように表面が滑らかになれば完了です。
 
 上記の方法は、私のブレードPhantomSpecialに合わせた方法です。パラレルなら、側面も同じ方法で、均一に研いでも良いと思います。テーパーの場合は、加減が難しいかも知れませんが、側面だけ平砥石で上の手順通りに研磨すると良いかも知れません。パラボリックなら側面研ぎはしないほうが良いでしょう。通常、側面研ぎが必要なのは、刃が極端に欠けている場合と、粗研ぎで刃が反り返ってしまった場合です。通常同じ溝幅で研ぎ続けるなら、反り返ることはまずありません。砥石の太さを太くした場合、反り返る事がありますが、その場合のみ側面研ぎすれば充分かと思います。
 
 この研ぎ方による刃の仕上がりですが、はっきり言って、かなり上級者向けな仕上がりになります。フラットに乗れることは乗れますが、ドリフトしやすいです。溝のないスピードスケートに近いような感じです。カーブでも、エッジが浅いと横滑りします。深いエッジワークが必須になります。返って練習には丁度いいですが。それから、とにかく惰性で進める距離が極端に伸びます。スパイラルには理想的。もちろん、トップスピードも向上しますね。他、ブレードにもよりますが、ターンやスピンがしやすくなります。エッジ系のジャンプは、しにくくなるかも知れません。
 
 粗研ぎ状態の刃は、刃自体がノコギリ状態になっています。爪をこすり付けると、見事に切れるほどですが、これは初心者向けの刃ならともかく、ある程度滑れる人には単なる抵抗でしかありません。氷を切り裂くのが目的ではないのですから、爪をこすり付けても、全然削れないのがむしろ理想です。スーッと軽く滑るようなら、氷の上でもスムーズに滑ります。その代わり、エッジがしっかり尖っている必要はあります。エッジワークはこの角の鋭さを利用しています。これを確認するのは意外と困難なのですが、指先を滑らせてみても触っている感じがしないくらい?鋭くなっていれば、申し分ないかと思います。ちなみに、これで指が切れたりすることはありません。刃と言っても、刃物とは研ぎ型が根本的に異なるので、特に上記の研ぎ方であれば、切れることはありません。
 
 刃は理屈上では、氷の上を滑っていますから、前後方向に対しての摩擦は極力、ゼロにするのが理想です。カーブと蹴り、ストップについては、エッジの鋭角を利用して氷を壊したり、削ったりする必要があります。何れも、エッジに対して横方向にかかる力ですから、エッジの研ぎ方としては「横向きに研ぐべからず」という法則が成立します。
 
 ご自身で研ぐなら、鏡面処理を是非やってみて下さいませ。その圧倒的な滑走感覚は、一度体験すると病み付きになります。フィギュアは速度が出ないとお思いの、ホッケー・スピードの諸氏も、これで随分と滑りやすくなることでしょう。但し、片足滑走の覚束ないフィギュア初心者はご法度です。絶対にお勧め出来ません。下手をすると、ターンや最悪クロッシングさえ上手く出来なくなる可能性があります。サークルエイトで図形が描ける程度のエッジワークが可能なら、お奨めです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。