KunadonicLiveSpaceSystem

スケート向けの保温装備ですよ

Posted on: 2010年1月28日

 屋内だとそれ程寒くありませんが、これが屋外だとかなり厳しいです。氷点下は当たり前で、夜にもなればお日様もありませんし、風が吹けば桶屋が儲からなくとも体感温度は4℃も低くなります。では、厚手に着込めばいいかというと、それがなかなか難しいのがスケート。まずは屋内の一般的なリンクの傾向から。
 
 ホッケーであれば、それなりに着込む事になるでしょう。むしろ防具必須ですから、必然でもあります。スピードなら、ワンピースのスーツが用意されています。風の抵抗を極限まで考えた作りで、圧迫感があり、保温性も高くなっています。競技を終えた選手がまず真っ先に、フードを外してファスナーを開けますが、あれはかなり暑いからだろうと思われます。競技でないオフトレの場合は、意外にも多種多様。屋外ウォームアップ用の2ピースもありますね。この2種目に限って言えば、何も考えることなく専用のウェアを揃えれば、それがベストでしょう。一般リンクでもよく見かけますし、選手かどうかはほとんど問題にされません。いわゆるホビースケーター、ホッケーをしないホッケースケーター、スピードを競わないスピードスケーターなど、全然珍しくありませんし、むしろ一般営業中はその部類のスケーターで賑わいます。なので、返ってウェアまで揃えれば、選手でなくても選手扱いされるかも知れません(苦笑)
 
 フィギュアの場合は、さらに多様です。まず、教室通いの女の子は、練習用スカートが一般的。これは練習でも動きやすさが無視できないことも含め、教室の先生が推奨する、本人も着たがる、そしてみんな着てるから私も…という構図です。但し、これはフィギュアの教室が盛んな場合に限った傾向で、公営リンクなどでフィギュアの教室があまり盛んでないと、この構図が崩れます。普通のスケート教室では、長ズボン指定です。誰もスカートを履かないため、結局誰も履きたがりません。一般営業中の傾向としても、この構図です。稀に見られる公営でやたら目立つフィギュアの女の子は、大抵どこか別のリンクかクラブなどでフィギュアを習っています。スカートを履いているかどうかで、フィギュアを専門的に習っているかどうかが判断できますが、公営の一般営業中はとにかく目立つので、あまり上手でない子(と自分で思っている子も含め)はジャージやトレーニングウェアが一般的です。
 大学生の場合、スカート派とパンツ派は別れるかも知れません。しかしやはり、私営と公営のリンク傾向による部分もあります。大学のスケート部に入っていれば、トップスにロゴ入りのジャージと言うケースがかなり多いので、それで大学まで分かってしまいます。大学に近いリンクを利用する傾向も強い為、間違いなく常連。スカートとパンツの傾向で言うなら、都市部ほどスカートが多く、郊外ほど少ないです。
 大人の場合、練習用スカートで一般営業中に練習というのは、勇気の要る行為でしょう。但し、レッスン中は真剣勝負なので、それなりに気合を入れる方が多いです(レッスン料自体かなり勇気が必要です)。フィギュアは、見た目は優雅ですが、実際にはスピードやホッケーと同様、体力を使います。冬場の普段着で滑るには、無理がありすぎるので、少なくとも遊びで滑る時でさえ、多少薄手の服で滑るのが通例です。
 
 さて、肝心の「屋外」です。
 スピードスケートは屋外でも競技を行います。屋外を意識したウェアはあるかと思います。ホッケーの場合、屋内でもリンクの温度は低めの事が多く、屋外でも同じウェアを着ている方が多いようです。ホビースケーターも、基本的には同じ装備のようです。フィギュアに限っては、屋内装備だと結構寒いです。理由は、スピードなら風、ホッケーなら転倒を意識したウェアだから??? という感じで、フィギュアの衣装だとまず風が吹くと極端に寒いです。もちろん転べば冷たいです。フィギュアのリンクは温度が比較的高い事もあり、屋外とのギャップは相当のものです。なので、ウェアは結構難しいですね。
 私の場合ですが、インナーにヒートテックなどの保温肌着、その上にタートルネックのシャツ、タイツの上にスウェットパンツ、そしてフルジップの上着という感じです。これで暑かった事もあるし、寒かった事もあります。12~1月で氷点下なら、風が吹くと地獄です。この環境下での適当なウェアというのは思いつきませんね。フィギュアに準じるなら、スピードスケート的な1ピースを下に着込むのが最適なのかも知れません。ただ、温度調節がしづらい気もします。10月とか3月あたりなら、そこそこ暖かいので普段の屋内装備で問題ありません。スカートでも大丈夫でしょう。
 
 一般の方々も含め、あると便利な装備を紹介します。
 
 まず、ネックウォーマー。マフラーはほどけると転ぶ原因になり大変危険です。最近人気のネックウォーマーは、体の動きにほとんど制限がないのでお奨めです。手袋はミズノのブレスサーモなど発熱系新素材がいいです。手は手すり磨きならともかく、滑れれば全く使わないところなので、意外と冷えます。バイク用などもお奨めですね。ポケットにカイロを入れておくと、何かと便利です。使い捨てでもいいですが、氷点下の屋外リンクだとあまり暖まらない傾向があります。ハクキンカイロ、ジッポーウォーマー、エネループカイロなら、そんな厳しい環境でも暖かいです。レッグウォーマーもスカートの女性には便利。イヤーマフも助かります。お奨めのイヤーマフは、バンドの無いイヤーレックス。耳にはめ込むタイプで、帽子との併用も可能です。帽子は転ぶ可能性があるなら必須ですが、あればそれなりに暖かいです。
 暖房室のあるところなら不要ですが、ないならひざ掛けや長めのコートなどもあったほうが良いですね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2010年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。