KunadonicLiveSpaceSystem

不意に調べて思い出しましたですよ

Posted on: 2010年3月7日

 女子では浅田真央しか飛べない、トリプルアクセル。この技を一躍有名にしたのは、かの「伊藤みどり」。伊藤みどりもトリプルアクセルを得意とし、オリンピック女子で初めて技に成功した事でも有名。その後、ISU(国際スケート連盟)はこれに危機感を覚え、欧米有利に働くようルールを改定。それまで評価が低かった芸術点を引き上げ、技術点に迫るものへと変更しました。その結果、フィギュアスケートの芸術性が格段に高められるきっかけとなりました。
 
 トリプルアクセルでの評価がそれ程高くないのは、その名残。連続ジャンプも3+2より3+3を評価します。トリプルアクセルの3.5を持ってきても、3.5+2となれば3+3と比べて、得点は大して変わらないのです。そこに浅田真央の敗因の一つがあります。
 
 日本勢の台頭を快く観ているはずはないので、また何らかの変更はあるかと思われます。しかし、トリプルアクセルにしても、高度な3回転の2連続にしても、軽々飛べる女子は極めて少なく、ルールを厳しくしたところで欧米が有利になるものでもありません。既に、日本と韓国、それに続く中国のレベルは、文字通りトップクラスなのです。極端に不利になることはないでしょう。でもまあ、奇妙な変更がありそうな気がしてなりません。
 男子の4回転問題に絡むことでもありますね。日本勢は確実に4回転を決めてくるようになっていますから、これも加点を渋くする方向に動きそうな気はします。それこそプルシェンコの危惧した方向。安全策を取る事が、高得点を得るべき演技なのか否か。失敗したとしても、4回転に意義があるのか。伊藤みどりの一件を見るに付け、男子の4回転は当たり前のものになる可能性はありますが、女子のトリプルアクセルは、ほぼ「死技」と化している気もします。ここに浅田真央本人の夢でもある「4回転」を持ってきて、さて本当に日本のエースに有利な条件が待っているのか。
 
 コンパルソリーは、恐らく日本人が得意としたかも知れない競技でした。札幌オリンピック辺りの時代に、早いうちにその芽を引き抜いておこう、という意思があったような、そんな気さえしています。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。