KunadonicLiveSpaceSystem

やっぱりジャンプは厳しいですよ

Posted on: 2010年3月27日

 三十路も半ばを過ぎれば、それはもう衰えを感じてもおかしくない年齢。子供の頃から鍛え上げた訳でもないし。そう簡単にポンポン飛べるはずも無く。
 
 サルコウは何となく。ってもうどれ位「何となく」なんて言っているのか。飛んでいるのか回っているのか、着地はしてるので回ってはいますけど、飛んでいる感じがぜんぜんしません。左足から右足に、よっこらしょとまたいでいる感じ?いえまあ、少しは浮いてるでしょうけど。スリージャンプのように飛ぶ、と小耳に挟んだんですが、それも上手くいかないし。トゥループのほうが簡単そうなんですが。トゥループは半回転は出来ているので、サルコウの完成を待って練習しようかと。うーん、もしかしたら、トゥループを練習してればサルコウも飛べるようになる?わけないね。トゥループはサルコウと同じ回転感覚で多分成功します。サルコウは飛び方が思いっきり変(と今は思う)なので、何かしらコツを掴みたいものです。誰かに見てもらおうかしら。
 
 スピンはゆっくり回転に挑戦中。とにかく、出来る限りゆっくり回る。これ凄く効果的ですね。速く回ろうとするために軸が崩れていたというのが、分かってきます。軸の取り方が掴めてくると、速く回るのにもすぐ移行できます。巻き込みの速さ如何です。ゆっくりでもぶれない軸であれば、速く巻き込んでもそれ程流れません。
 エッジの位置を変えて見えてきたのは、理想はアウトでもインでもない、ということでしょうか。厳密には、アウトエッジからインエッジへのスリーターンが切欠ですから、イン側に流れるものでもあります。でも流れてしまうと、スピンの軸も流れてしまいます。もしアウトに乗ったままだと、ツイズルのように回りながら進み続けます。インであれば、軸が広がっても流れることはありません。一箇所で回り続けますが、点で回らず円で回る感じになります。この状態ならまだ修正可能。軸そのものは流れていないので、乗り位置をフラットに修正すればOKですね。やっぱり、スピンはアウトエッジでなく、インエッジに乗るものだと。
 但し、バックスクラッチはこの逆になります。インエッジからアウトエッジのスリーで入りますから、アウトエッジ出回ることになります。
 
 そういえば、スピンの練習をしていて「耳に水がたまる?」ような症状に気が付きました。耳といっても鼓膜の中。水といっても、多分鼻水?。何となくこの季節、水っぱながちょっと気になっていたのですが、それが耳の中に回り込んで、スピンの遠心力で鼓膜側に出てくる?みたいです。何となく、詰まった感じになります。病気ではないので特に深刻にならなくても大丈夫のようですが、音の聞こえは何となく良くない気もします。鼓膜に穴を開けて吸い出すか? でもまたスピンをやれば、溜まってくるんでしょうね。病名としては、滲出性中耳炎なんですが、スピンの練習が原因というのも明らかなので、どうしたものか。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。