KunadonicLiveSpaceSystem

フィギュアスケートのジャンプですよ

Posted on: 2010年4月13日

 フィギュアのジャンプは、客観的に見ると物凄い筋力・跳躍力がかかっている様に見られますが、実際はどうでしょう。
 スケートのジャンプは、実は滑走速度を揚力に変換している要素が大きいので、脚力そのものはそれ程重要ではありません。ただ、ジャンプの際に関節には体重の何倍もの負荷がかかることは事実。関節の故障の原因は、これ。筋肉の故障は、実はあまり多くなく、特に女子は柔軟系の技が多いため、転んだ程度で筋肉を傷めることは極めて少ないです。その程度で筋肉がダメージを受けるようでは、ジャンプの練習なんてとても出来ません。最初のうちは半分以上の確率で転びまくるのですから。そういう意味では、ジャンプで故障するのは男子が多いという気もします。とにかく故障で多いのは、打撲。筋肉より骨のほうが何かと問題になるかも知れません。関節は足指含め、軟骨の変形が顕著。これもやはり、とんでもない負荷によるものかと思われます。
 
 ジャンプについては、バレエのそれを考えてみると分かりやすいですが、バレエのジャンプは、飛んでいるようで実際はほとんど飛んでいません。
 足を大きく跳ね上げることで、飛んでいるように見えているだけです。スケートと決定的に違うのは、滑走速度。スケートのジャンプは、先述の通り滑走速度を揚力に変換しています。ひざを曲げて飛び上がっているようにも見えますが、実際は速度のベクトルを上方に変換して飛んでいるわけです。その為、高いジャンプ(滞空時間の長いジャンプ)をするには、速度を十分につけて飛び上がる必要があるわけです。逆に、速度を出さない限り、ジャンプで高さを稼ぐことは出来ません。そこが、陸トレでのジャンプ感覚と大きく異なる部分です。そう考えれば、陸上でジャンプ練習する場合も、速度を付けた助走が必要ともいえます。
 
 陸上競技での跳躍や投擲の最適角度は、一般的に45度が最適と言われています。以下抜粋。
斜方投射の場合の水平到達距離は,空気抵抗が無視できるとすれば,「初速度の大きさ」と「初速度の角度(水平となす角度)」で決まります。
また,水平到達距離を最大にする初速度の角度は45°であることが知られています。
 フィギュアのジャンプの場合、水平到達距離は問題にならないものの、高さについては問題になるでしょうか。速度を揚力に変える角度は、その速度が大きければ大きいほど小さくなりがちでしょうし。高いジャンプは飛んでいる間、空中に止まったかのように見えますが、速度が揚力に効率よく変換された結果でもあります。その変換効率が悪いと、高さの出ないジャンプになり、速度はそのまま水平飛距離に変換されるだけです。滞空時間はあっても、高くない冗長なジャンプとなります。
 
 さて、ジャンプの高さが跳躍力でなく、速度の変換効率だと分かったら、さてどう飛べばいいのか? ここからがフィギュアのジャンプの考察になります。
 まずトウ系ジャンプですが、これは分かりやすいです。後ろ向きの滑走から、トウを付くことで、速度が上方に変換されます。脚力が無く、速度に自信のあるスケーターは、トウジャンプに向いています。逆に、エッジ系のジャンプは、速度を上方変換するのに少々コツが必要です。エッジの(できれば)一点で、速度を揚力に変換する必要があります。トウ系と比較して高さが出にくい理由は、この変換効率の悪さにあるというのも事実でしょう。
 前向きジャンプのアクセルは、実はトウで飛んでいます。速度を揚力に変換しやすいジャンプです。
 
 着地した後は、重力を滑走速度に変換してランディングとなります。回転力は、チェック=左手・左足の振り込み+右カーブで殺します。私流の練習方法としては、特にトウ系のジャンプは「ひざを曲げ>伸ばし>曲げ」の三拍子で飛ぶと上手くいきます。このリズムで手の動き、回転力と一致させれば、綺麗なジャンプになりますね。心の中で、ワン・ツー・スリーと数える感じ。ジャンプには、このワンツースリー以外の動作は基本的にはありません(アクセルは2.5で軸を作るいうのがあるような気もしますが)。
 
 ジャンプの連続練習で息が上がる選手が多いのは、速度を出すために勢いをつけているためです。ジャンプ自体で疲れるわけではないのですね。疲れないように練習するには、助走距離を長く取り、時間をかけて加速することです。短時間で勢いをつけるより楽ですし、披露も少なくなり、結果としてジャンプの回数を増やせます。疲れれば、変換効率も悪くなります。丁寧に、回数を重ねるほうが練習になります。
 初歩の練習段階では、速度を出さないことで高さを低く抑えられます。しかし、しっかり高く飛べるように練習するのがポイント。回転速度は公転軌道と上半身の振り込みによるものなので、これは速度に関係ありません。速度が乗れば、そのまま高さになります。高さが変わると滞空時間が変わります。言い換えれば、常に同じ速度・角度で飛べば、滞空時間は変わりません。3回転ジャンプに失敗して1~2回転になっても、高さや滞空時間が変わらないのは、このためです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2010年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 4 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。