KunadonicLiveSpaceSystem

フィギュアのバッジテストですよ

Posted on: 2010年5月20日

 フィギュアのバッジテストの課題を見ていて思うこと。子供の習得段階に沿った内容ですね…。
 
 まあ大体、順を追った進行内容と見て間違いはないんですが、例えば大人の趣味スケーターとなるとかなり偏った内容になってくる気がします。子供にとっての得手不得手と、大人に取ってのそれが変わってくるからですね。例えば、2級のピボットは結構意見の分かれるところかなあ、という気も(自分が不得手だというのもありますが)。出来ちゃう人は簡単だから1級でしょ~とか言うだろうし。うーん、果敢に挑戦してきたシットスピンは2級、S+Sのジャンプコンビなんかは3級、スパイラルも3級ですねえ。ブラケットやチョクトーのステップとなると4級ですよ。この辺のステップなんかはアクセルより絶対簡単な気がするんですが。得手不得手が明確に分かれるところなんでしょうけど、明らかに子供の習得に合わせた内容。大人は比較的ジャンプよりもステップに重点置きますから。
 
 恐らく壁になるのは3級のアクセルかルッツあたり。スピンが不得手だと3級のキャメルも壁。シットが2級でキャメルが3級というのは順当だと思いますけど、逆の順番になる子は多いんじゃないかしら。バックスクラッチはまだ全然出来ないし。私の課題としては現在2級に位置しているのは明白。つまりは1級はほぼ問題なく、3級あたりは手の届きそうなのはやってるけどほぼ無理みたいな。
 
 選手目指すならバッジテストは必須。車のレースでJAF加入を求められるようなもの。競技に興味が無いなら自己の評価基準でしかないし。大人だと趣味という位置づけなら、それこそマスターズに出ようというなら、バッジテストは不要。客観的にどのくらいのレベルなのかという、選手同士なら分かりやすい基準にはなるんでしょうけど。ただこれも、細かくは数年ごとに内容が変わってるし、実際には個人の技量にはかなりばらつきがありますから、目安程度にしかなってない。そもそも、大会出場基準となる7級にしたって、上位入賞には8級レベルが求められるはずなのに、多くの選手が取ってない(必要ないからというのが最大の理由?)。その癖、プロのコーチとなると何故かそこに突然持ち出されて、実績より7級、8級なんて級数がものをいう? そもそも8級なんて全国に何人いるの? 7級で実績がある人なら級数で売るより実績で売ったほうが儲かりそうだし。でも8級持ってるコーチは確かにレッスン料も高いし、教えてる内容も幅広い(ダンスもやってる人が多い)。
 いずれにしても、子供の頃から段階踏んで上ってきた方々の世界の話で、それもかなり狭い門。つくづくバッジテストなんて、そんな狭い世界で選手を育成するためのシステムかなあと。その杵柄が後に生きるとしても、やっぱり指導者としてしか通じないものかな、と。
 
 同じスケートのバッジテストに、プレーンスケーティングのバッジテストというものがあります。これはフィギュアやスピードスケートのそれとは異なり、選手の育成のためではなくて、スケートの普及目的で行われるもの。ABCの3段階で、Cから始まりAは同じプレーンスケーティングの指導員資格にもなっています。銀河で教えている指導員は、この資格の方々。不足する指導員を育成し、よりスケートを普及させようというものだったりします。Aの内容は、概ねバッククロスと全てのストッピングが出来るレベルです。
 
 大人のスケーターが指導員を目指す場合は、通常は上のプレーンで指導員資格を取ることになるでしょうか。選手であれば条件が大きく変わってきます。
 
 これは日本のスケート連盟の話で、実は国際の認定級というのも別にあります。ISIJ(日本スケート振興協会)という日本の任意団体があって、これが行っているテストがそれにあたります。これのプレアルファ~デルタがスケ連のプレーンにあたり、その上はフィギュアの種目により分かれる点もスケ連と同じ。スケ連のバッジテストが8級までなのに対し、ISIのFSは10クラスで内容も細かいですね。こっちは国際資格なので、日本で未経験の選手が海外で出場する場合の基準になるのかな? 体裁は似てますが、普及目的とかそういう変なにおいを感じない?気もしてますが、実際はどうなのでしょうね。
 
 調べながら書いてるのであやふや(爆) そもそも全然興味がなかったので、プレーンとフィギュアのバッジテストが別にあるくらいの認識しかなかったですが。って、「普及目的」のプレーンにしてもフィギュア初級にしても、その目的がしっかり果たされている気がしません。だって、銀河や方々の上手なフィギュアの方々が、みんなバッジを持ってるとは思えないんですよね。初級くらいはみんな持ってるものなんでしょうか。私は少なくとも、必要性すら感じませんw
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。