KunadonicLiveSpaceSystem

漏れ止めですよ

Posted on: 2010年7月12日

 漏れ止めの類は調べてみると、結構よく出来ています。特に内圧のかかる部位であれば、半永久的な補修が出来てしまうものも多いですね。
 
 タイヤのパンク修理剤は、発泡ゴムの液体が入っていて、走行する事によって遠心力でタイヤの内側~パンク穴に流れ込みます。穴を埋めて固まりますから半永久的な補修となりますね。これを使うと、タイヤを外せば分かりますが、内部に発泡ゴムのあまりがコロコロ転がって粒状になります。
 
 ラジエーターの漏れ止めは面白いですね。細かいグラスファイバーやレジンが主成分で、空気に触れる事で固まります。1mm程度の穴に入ると、グラスファイバーが穴を埋めていき、レジンがその隙間を固着させていく感じです。漏れ止め剤がこぼれたりすると、その部分がかさぶたのように固まりますね。シールの保護にもなり、中~長期的には保険にもなります。
 
 オイル系の漏れ止めはシールを膨張させるものですね。傾向としては、10年以上経過した車でラバー部分が硬くなり始めている車には、1回限りで効果があるかと思います。繰り返し使っても根本的なゴムの劣化は解消しませんし、ヒビが入ったりボロボロになったゴムが元通りになったりはしないので、限定的な条件でしか効果は無いでしょう。また、オイル性能を著しく劣化させる可能性が高いのも難点です。これはATやギヤ系の漏れ止めも同じですね。
 
 ありえないのは、ブレーキでしょう。ここが漏れたら止まれなくなりますから、漏れ止めに頼ること自体間違っています。ガソリンも引火の危険性があるのでナンセンスですね。しかしいずれも、漏れた経験があります(苦笑)。前者はブレーキホースの劣化、後者はディーラーのミス。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 2 weeks ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。