KunadonicLiveSpaceSystem

レギンスの流れですよ

Posted on: 2010年8月18日

 すっかり定着した感のあるレギンスですが、年配の男性方の意見を聞くと、股引、猿股という形容をよく耳にしますね。確かに似てます。アウターかインナーかの違いも、精々認識の差程度でしかないですし。レギンスの名前が出る前は、スパッツでした。欧米ではスパッツというと、今で言うブーツカバーのようなもの。馴染みのあるものとしては、ナウシカが履いているブーツカバーのようなものがそれ。レッグウォーマーに近いといえば近いでしょうか。本来のレギンス、フランス語でカルソン。オードリー・ヘップバーンの映画が多分火付けになったんだろうと思ってますが、それも下着というか精々部屋着。Wikiによるとアウターとして普及したのは80年代らしいです。
 レギンスでもスパッツでも、どっちでもいいんですが、下手に年齢を誤解されたくもないので一応レギンスと称しておきますが。英語的には正解なんですけど。
 
 で、アンダースカートとして重宝されてるというか、パンツにスカートというレイヤードも最近はどうなのかな、と思いつつ。レイヤードは一時結構見かけましたけど、これがすっかりレギンスに取って代わったような? 感じですね。スカートがワンピースになったというか、そんな感じでしょうか。ジーンズにミニという組み合わせは新鮮だったようにも思うものの、やっぱりミスマッチには違いないかと。色気もなければ、カッコよさもないような。何か違うんだけどなあ。で、これがレギンスだと、確かに違和感ないです。何ででしょうね。
 
 色々思い返してみると、スカートの中は元々ドロワーズ、ズロースと呼ばれる下着だった訳で、これは丈も長くて丁度今の、5分~7分丈のレギンスのような格好だったのですから、これに近いといえば近いですね。スカート丈も膝下丈が復権しているようですし、そうなるとこの組み合わせは、私的には古典ですね。そう考えればジーンズとのレイヤードなんかより見栄えも良いし、違和感もないし、足も綺麗に見えるし、色気もある(気がするw)。そうなると、レギンスのデザインや模様にも、凝ったものが出てくるのは自明の理。間違いなく今後何年かは、マストアイテムとして定着するんでしょうね。
 
 柄ものは足の太さをカバーしやすいという、需要とトレンドがマッチしたアイテム? うーん、努力して足細くするのが病み付きな私としてはアレですが(苦笑)、アウターとして考えればミニに合わせて楽しめるから、欲しいと言えば欲しいかも。でもこれ、トレンドとか年齢層とかまだ見えてこない分、結構勇気のいるものかと思わなくもないし、実際問題としてコーディネートが難しい…。レース柄とかならまだしも、アニマル系なんか何に合わせりゃ良いのよ。アクセントに使うのはどうなんでしょ。安いTシャツみたいに英文で埋め尽くすのもどうかと。新聞紙をパッチワークしたような柄って、私の主観では「焼き芋」の包み紙。可愛いといえば可愛いのかもですが。それから一番悩ましいのは、アーミー柄。カモフラージュ(迷彩柄)ってそれこそ???です。カモフラはスパイスとして使うにしては辛口すぎるかなあ。スポーツウェアとかアウトドアなら兎も角。となれば、レギンスにカモフラはないかと。
 
 アウトドアで思い出したのは、山ガール。気持ちは分かります。分かるんですけどねえ。ガールスカウトとか経験があれば、その方向性は分からなくもないんですけど。ガールスカウトは通常スカートですが、野外活動はキュロットのキャンプユニフォームいうのがあります。無理してスカートで富士山に登ることはないと思うんですけど。まあ形から入るというのはアリなのかな。山スカートなら、本格的な登山より少し手軽な、カジュアル登山でいられる、のかどうか知りませんが。うーん、富士登山だとするとちょっと舐めてる気もしますけどね。富士山で遭難すると普通に死にますよ。最近も、片山右京のパーティーが遭難しましたし。登山は高尾山とか大山程度でも、下手すると死にますよ。形から入るというほど甘いものじゃないんですけどね…。装備は、いざという時に、生き延びるために身に付けるものですし。まあ、いいんですけどね。
 
 思い出しついでに、高尾山の尾根縦走を近々やります。トレッキングシューズを新調しないと、なので多分秋になると思いますが。高尾山から上って、小仏城山~景信山~陣馬山の定番ルート。山ガール?安易なルートじゃないですよ。
 
 レギンスと言えば、スケートでは重宝してます。タイツを履く勇気があれば…いえ、ないです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。