KunadonicLiveSpaceSystem

デザインは理解できないところから生まれるですよ

Posted on: 2010年8月21日

 と、まあ常識に囚われていては世間をあっと言わせるデザインなんか生まれませんし、そんな常識を破ることがそれまでの慣例や通説を覆すことに繋がるものですからね。前回の記事を見ながら、ミリタリーあたりは確実に出てくるだろう要素です。昨今のトレンドがスイートになりすぎていて、付いていけない子も結構いますし。そう考えると、ミリタリー、アーミー物は多分出てくるでしょうね。
 
 ここ数年、クラシック・ボヘミアン・エスニックあたりが出物でした。これもまあ、エスニックは行き過ぎると民族衣装になりますし、ボヘミアンは日本人には分かりにくいですし、クラシックは下手をするとトレンドを外してしまいますし。ゴシックも同じ傾向がありますね。日本人のファッションはミックスカルチャーというか、和洋折衷ですね。そもそも南蛮文化を南蛮と称するところが、ファッションのファッションたる所以でしょうか。ファッションを文化と受け止めると、ミックスするのはタブーにも等しいんですが、日本人ならそれを安易にこなしてしまいます。平和的な民族だし、島国でそんな異世界の歴史や民族の事なんか何も知りませんし、ゴシックもボヘミアンも一緒くたにしてしまえる、世界で最も幸せな民族なのかも知れません。
 
 アメカジ傾向は男子なら兎も角、女子には少し野暮ったいです。これも行き過ぎると、ヒップポップになってしまいます。決め過ぎると単なるスポーツウェアになってしまうし。バブルの寸前までは、アメカジは一種の完成系でしたけど、ある時を境にそれも崩壊します。今時、Tシャツにジーンズだけでカッコいい、ってことはないです。それが誰しもカッコ良かった時代も、あったんですよね。いつから痛くなったんだろう。ユニクロに並んでいる物は、殆どがアメカジ。これが日本のファッションとして定着し、アメカジどころか日本の普段着になってしまえば、和服として定着してしまったものと極論しても、的は外れていないでしょう。
 
 アメカジの崩壊は、反戦運動の消沈が裏にありそうな気もします。ジーンズはそもそも反戦運動に乗じて普及しましたから、アメリカ軍が席巻し始めると一気に熱を失います。変わって世に現れるのが、ミリタリールック。ビリーズ・ブートキャンプも、間違いなくその流れ。ミリタリーにカルチャーミックスすると多国籍軍になる?のかもですね。確かに、ミリタリー+ボヘミアンは際どいながらも、タブーではない気もします。エスニックはかなり危ない橋でしょうね。特にイスラムとのミックスは痛すぎます。まあ日本に入ってくるエスニックの殆どは東南アジアで、イスラム文化は極めて少ないです。東南アジアは、今はかなりアメリカナイズされていますから、日本人が取り入れやすいのも事実です。
 
 ゴシックも、元々のゴシック様式とは何の関係もないですし、パンクも今その文化を体現している人はいないでしょうね。ゴスロリとパンクは近いようで遠い。これをミックスしている売り手も買い手も多いのが現実でしょうけど、この二者はキリスト教とイスラム教くらい違うので、誤解のないように。まあ強いて共通点を挙げれば、ゲルマン系のファッションって事だけです。目の青い金髪の白人が生みの親ってことだけ。ゴシックもロリータも、一種のクラシカル傾向です。パンクはかなり狭くて、貧乏な労働者階級がヘビメタの枠を超えて政治的思想を持ったもの。ね? 全然違うでしょ。
 
 アメカジ一辺倒だった頃は、レースも花柄も厳しかった。それらがダサかったんですね。それが、クラシックだエスニックだボヘミアンだと、色々日本に流れ込んでくると、ペイズリーも小花柄も、全然違和感がなくなってしまいます。ついに、日本の流行が、アメリカのそれを越えてしまったとも言えます。それまでみんな、アメリカに右へ倣えだったものが、とうとうリーダーになってしまったというわけです。で、独自のファッションを構築する時間としてはまだ短く、世界中のファッションを取り込んで形にしているのが、今の日本のファッションでしょうか。はっきり言って今の日本で、これを着たらヤヴァイという、特定のファッションはありません。昔ならミニスカートの流行が終わる頃には、誰もミニを履かなくなりました。Tシャツにジーンズが時代遅れというわけでもないです。マキシ丈も膝丈もミニもあって、花柄もレースもあって、ペイズリーもミリタリーもロゴTシャツもあって、というのが、今の日本のファッション。ことファッションに於いては、日本は世界一グローバリズムが進んでいると思います。
 
 カルチャーミックスも所詮は主観? 私にも、これとこれはまずいけどこれなら良いかな?はあります。前回の記事を読み返しながら、思うところは色々です。
 
 まあ、こんな日本にいられるというだけでも、幸せなことなのかも知れませんね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも正直、HFで一番楽しみというか、期待してるシーンってアーチャーが消える間際?の凛の髪をなでるとかなんとかなもう筆舌に尽くし難いけど本当に好きなシーンで切ないんだけどほんとそこ映像化してくれるの嬉しすぎるので今からドキドキしている…!(混乱) 4 days ago
  • HFももう明日公開なんだなぁ…。いつ行けるかまだわかんないんだけど、グランドシネマズでやってもらえるの有り難い~。 私、凛スキーだけど…今は本当桜応援してるよ…士郎と幸せになってくれよ…。 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。