KunadonicLiveSpaceSystem

山ガールって歳じゃないですよ

Posted on: 2010年10月1日

 あまり突っ込むと失礼だし私もガールなんて年齢じゃないんですが、まあブームです。新宿ハルクのスポーツ売り場のマネキンも山ガールばっかり。流れ的に高尾を縦走したりなんですけど、高尾縦走は数年前に相方が踏破して、以来目標でした。高尾山は昔は自転車で登ったりもしたし、小学校では毎年遠足で行きましたし、中学時代はオリエンテーリング、高校の頃は写真撮影、その後はビアガーデンに飯縄大権現奉拝など、とにかく身近な山。陣馬山は車でも良く行きました。

 奥高尾の縦走は初めてですが、ハイカーの光景は近年大きく様変わりしたようですね。高尾山は世界一登山者の多い山認定ですから、それはもう新宿駅並みの大混雑。登山道は行列だし、山頂は座る所もないし、ケーブルカーの乗車待ちが2時間越えたりとか、世界一異常な山になりつつあります。

 奥高尾はまだそこまで酷くないものの、山ガールの増殖のみならず、トレイルランニングの方々がかなり多くなりました。山道を走る方々ですね。小型のリュックにローカットのトレランシューズ、スポーツタイツという出立ち。で、細い山道を走り抜けていくのですが、まるで皇居の内堀みたいです。

 もう何というか、格好とか年齢層とか、所謂カテゴリもごっちゃごちゃ。ハイカー?トレッカー?山ガール?トレイルランナー?他にもGパンTシャツで何しに来た?足袋履いた林業の方もいるし、無線機抱えてCQ連呼する方もいる。一眼レフで花だとか昆虫だとか追い回す人もいる。頂上には茶店があって物価は高いですが簡単な食事程度はできるし、小学生なら低学年でも登ってきちゃう、高尾山や陣馬山なら赤ちゃんの泣き声までする。ハイパーお年寄りの人口比率も超高齢化を象徴してるし。うーん。

 ちょっと人恋しくなって、ふらふら出かけて人と触れ合える、という雰囲気も奥高尾にはあったりします。山頂で休んでいれば、似たような方々が隣り合うから、ちょっと声掛けて話をするのはありふれた光景。どこからきたの?どこのぼってきたの?これからどこいくの?装備は?ご飯は?これ食べる?写真とろうか?あのルートはこのルートはあの山はこの山は等々。他愛のない会話に、極自然と共通の話題が膨らんでいきます。それもまあ、楽しみには違いないです。

 奥高尾は眺望も抜群だし、交通の便もかなりいいです。人が多いから20km近い縦走路でも遭難の危険も極めて少ないですし。どんな山奥だとしても東京ですし。気楽なもんです。

 山ガールのみなさんは富士山を目指しているらしいですけど、もうシーズンオフだし、この後はどうするのでしょう。謎。私は、前にも書きましたが身近なところで大山と御岳山は考えています。尾瀬とかもいいですね。奥日光とか。山梨なら大菩薩とか茅ヶ岳とか。

 スケートはどうした?とか、無線しないの?とか言われそうだけど。山登りは今に始まった趣味じゃないし、子供の頃は日常的だったからなあ。山ガールを冷めた目で見ながらも、WILD1とかMountBellなんかに行くのは結構楽しかったり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 2 weeks ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 2 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。