KunadonicLiveSpaceSystem

3度目の高尾縦走ですよ

Posted on: 2010年10月7日

 本当は高尾に登ったら適当に降りるつもりだったんですが、高尾山のレジャーランドな雰囲気に少々うんざりして、そのまま奥高尾に向かってしまいましたw 時間は、午後の1時半。縦走するにはぎりぎりの時間でしたね。

 高尾山の頂上で軽く休息しながらも悩み。今回は、これまでの問題点を全て洗い出して、装備を一新しての挑戦。といいつつ効果の程は重々承知。このまま降りても何ら問題はないし、日が暮れてしまっては面倒。時間的には、ここから縦走を考えるトレッカーはいないでしょう。

 ちなみに一新した装備は、SKINSのスポーツタイツとミドルカットのブリジストン製トレッキングシューズ。ポールは今回ダブルにしました。バックパックもコールマンの25L。速乾性Tシャツに靴下は1枚。

 高尾山頂で考えながら、とりあえずなめこ汁を一服。嗚呼美味しい。何か元気が出てきた。装備も万全で疲れもないし、天気も安定してる。よし、行けるとこまで行ってみよう。

 午後2時半頃小仏城山。全く問題なし。水分とっていざ景信山へ。

 午後3時半頃景信山。茶屋が閉店。まあ平日だし。ここから陣馬山まで2時間の道のり。決断を迫られつつ。秋分の日に近いから、日没は6時ちょっと前。陣馬高原下バス停への到着時間の見積もりは概ね6時頃。LEDのヘッドライトも2つ用意してきたし、舗装路の降りなら多分大丈夫だ! いざ陣馬山へ。

 堂所山をパスして明王峠。ペースは標準通りで午後の3時半頃。そのまま通過。

 ほぼ慣れた山道を登って陣馬山到着。時間は午後4時半。だれもいないし。雲がかかって夕焼け拝めず残念。ここから降りで日没まで時間は1時間半。大丈夫だろう判断で下山。和田峠経由で舗装路を一気にダウン。ダブルポールが威力を発揮。全く膝が疲れません。SKINSのタイツも効いてるし、ブリヂストンのシューズは指の痛み全くなし。ここで気づいたのが、先に買ったトレッキングシューズがインチキだ!という衝撃の事実。外反母趾の原因は確定し、やっぱり優れたメーカーの靴は、本当に優れているという当たり前のことを再認識しました。値段はこっちのほうが安いのにね。値段じゃないってことか。

 ほぼ完全に暗くなる寸前にバス停到着。年の為ヘッドライトは付けてきましたが、夜道も全く問題なかったですね。バスの出発時刻まで30分以上あり、靴とポールを川の水を引いた水道で洗って待機。カロリーメイトを食べながらバスを待ちました。ここで今日初めての食事w これでバテてないんだから、随分と体力もついてきたって事かな。1回目、2回目とは比較にならない安定ぶりに加え、踏破時間も大幅短縮。疲労も全くなし。

 PM6:25バス発車。ゆらゆらと高尾駅に向かって540円。京王線で帰れるのはありがたいですね。駅まで自転車で向かったので、中央線は使えませんw

 気がついたらすっかり山ガールジャマイカ!!ヽ(^。^)ノ あ、異論反論は却下です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも温めてたらだいぶよくなってきた(*´Д`*)カイロ様様… 1 day ago
  • #このタグをみた人は好きな天ぷらを答える タラの芽  ナス 今食べたらしぬかなー(;´∀`) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。