KunadonicLiveSpaceSystem

スズメバチに刺されましたよ

Posted on: 2010年10月12日

 昨日は奥多摩、川苔山(かわのりやま)へ。標高1,363m。

 ガイドによると、未開発の秘境コースともあります。観光地化が進んだ山に飽きたので、秘境とやらを選択してみました。朝8時の青梅線でいざ奥多摩へ。

 奥多摩に到着すると、日原方面に行くバスが11時までありません。時刻は10時前。うーん、歩いて行ってみるか。多分バスに乗るより早く到着する。で、この選択で体力を余計消耗。1時間歩いてバス停「川乗橋」到着。ちなみに「川乗」も川苔の別表記で、起源は国土地理院の誤記。誤記といっても苔はのりとは通常読まないし、常用漢字には苔が含まれないので、まあそうなります。

 バス停からは管理林道。舗装路をのんびり進みます。半ばほどまで来るとそこから険しい山道。冗談抜きで険しいです。途中、幅30cm程度の細道になったり、崩落してたり、つま先程度の石段だったり、ロープが垂らしてある岩壁だったり。何だか水曜スペシャル気分。川沿いの道はどんどん登るのに、川は直ぐ迫ってくる。小さな、といっても落差10m程度の滝がいくつもあって、川と一緒に登っていきます。

 しばらく行くと分かれ道。ここが特に険しくて、よっこらしょと降るとそこには大瀑布。おー、これが今回のハイライト、百尋ノ滝です。

百尋ノ滝

 凄い。落差は40mくらい。水量もあるし、しぶきが気持ち良いです。午後1時ごろになると、太陽光が滝を照らして綺麗だそうですが、12時半まで粘ってたら雲が遮って…。まあそれは次回に取っとこう。
 ポカリのペットボトルを飲み干して、川の水を汲みました。冷たくて美味しい水です。奥多摩の水は石灰質の土壌で、ほんのちょっと硬め。これで淹れたコーヒーは格別(飲みながら書いてます)。

 滝を後にして、本格的な登山道。あーきついきつい。道が所々ぬかるんでいたり、崩れてたり、木が倒れていて塞いでたり。何だかホントに探検気分。道が細いからトレッキングポールがあまり役に立ちません。こういう時はシングルポール。Tグリップだとシングルでも安定しますね。ちなみに、ダブルポールは一般的にIグリップですが、私はTをダブルにしています。これだと、シングルでも安定するし、降りでも前に強く突けます。
 Tグリップは初心者向けと言われていますけど、持ち方のバリエーションを考えるとTの方が上級者向けな気がします。TはIと同じ使い方が出来ます。でも逆は無理。T2本なら何かと便利です。

 しばらく行くと、先行していたトレッカーが「蜂の巣があるそうですよ。」と。先ほどすれ違った女の子の集団が刺されたようで。鳥の巣箱に蜂の巣があるみたい。気をつけて進みます。
 道端には、到る所に鳥の巣箱が。もちろん鳥なんていません。こんな人道の脇に巣箱なんか作っても、警戒心の強い野鳥が子作りなんてしません。何を考えてるんだろ。巣を作るのは蜂くらいなもの。

 と、右手の方向で、ぶぃーんとチェーンソーの音が聞こえてきました。林業の方が伐採しているようで。と、先行していた男性が、突然「うぁー!」と叫び声を上げて走り出しました。!!! 刺されたようですね。私も気をつけて進みます。あ…、巣箱だ。あぶないあぶない、ゆっくり進みます。ここで、さっきのチェーンソーの音の正体に気がつきました。スズメバチ! とその瞬間、右足に激痛が走ります。イタッ!!! レッグウォーマーの上からビシバシッと2箇所やられました。咄嗟に蜂を払いのけ、一目散に走ります。

 はあはあ、しばらく走って落ち着くと、右足の激痛がジンジン。タイツをめくると、腫れてました。あー痛い。と! 腰に刺しておいたポールを落としてしまったようで。嗚呼、取りに戻らないと。慎重に歩いていくと、巣箱の手前にポールが落ちてました。ふう。

 さっきの男性も、その先で毒を吐き出してました。薬もないので、とにかく先へ進みます。痛みのせいで疲れが吹っ飛んでました。でも息が荒くて何が何だか状態。通り過ぎる人に蜂の話をすると、皆一様に刺されたと仰います。スズメバチじゃない?と仰る方もいましたが。攻撃性とか大きさを考えると、巣箱に営巣する、多分小型のスズメバチだと私は思います。

 痛みをこらえてどうにか登頂。景色は、奥多摩の山間なのでひたすら山ばかり。富士山は見えませんでした。遠くに雲のかかった雲取山、御前山、遠く丹沢と大山も見えます。山頂は、20名弱のトレッカーがシートを広げて食事。蜂の話題で持ちきりです。

 休息も適当に早々下山。帰りは比較的なだらかな、鳩ノ巣駅方向へ。6kmの道のりで約2時間少々。ピッチ走法とストライド走法を使い分けながら、速めに進みます。痛みのせいで疲れが感じにくく、これが災いして、途中で膝が笑い出しました。外反母趾予防は、この膝通に転じてしまいました。難しいものです。

 やっとの思いで駅到着。駅前の小料理屋では、露天で生ビールを飲むトレッカーが数名。美味しそうだけど、痛みと疲れが酷いので早々に電車に乗ります。
 帰宅してムヒアルファEXを塗りたくり。薬が効いて腫れは治まりましたが、まだ痛みがありますね。今度は、ムヒアルファEXも持っていかなきゃ。

広告

コメント / トラックバック2件 to "スズメバチに刺されましたよ"

ええええええええええっ 大丈夫ですか?

わたしも子供の頃、藪に入っていきなり多数の蜂に刺されたことがあります。
ものすごく痛かったです。

レッグウォーマーつけててよかったですね。

大事には至ってないですが、刺されたところは今もズキズキ痛みますね。芯があってその周辺が壊死したみたいで、赤黒くなってます。

レッグウォーマーの色が紫のストライプだったんですが、色の濃いところに刺されました。足先だったのも幸いだったのかもですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 1 month ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。