KunadonicLiveSpaceSystem

なめこ汁を食べに高尾山ですよ

Posted on: 2010年10月14日

 なめこ汁が食べたくなって、仕事をお昼までに片付けました。午後0時。間に合うかな? まあ間に合うね。よし行こう! 何の気なしに高尾山へ。

 京王線で速攻高尾山口、到着は午後1時半。ここから登って90分だから、3時には登れます。今回は稲荷山コース。
 相変わらず軽装の女性が多い、奇妙な山です。犬の散歩ついで、みたいなのも。まあそういう山なんですが。とゆーか、本格装備な私が浮いて見えるんですけど。あのう、奥高尾行くならこの格好が普通なんですけど。どうでもいいですけど。

 ダブルポールを駆使して、しかしスズメバチの痛みや一昨日の疲労もまだあるので、ゆっくり登ります。ちょっと時間を掛けて、でも予定通り3時に登頂。そしてやっぱり人沢山。みんなして何か食べてます。苦労して登ってきたのは分かるんですが、もうちょっと…。色々言いたい思いを堪えて、そんな方々には見向きもせず、そのまま奥高尾方向へ。

 一丁平に向けて尾根を少し歩くと、茶屋があります。ここのなめこ汁が最高。前回の3度目の縦走の際に立ち寄って、食べました。一杯300円でなめこがたっぷり。疲れた体に、お味噌汁がとっても効きます。山菜も入っていて、疲れも取れます。高尾山に登ったら、是非ここのなめこ汁をご賞味あれ。たとえ天気が悪くて来るんじゃなかったとか思っても、これを味わったらまた来たくなりますって。

 ここにはそばとかもあるんですが、幸いというか不幸にしてというか、コンビニで買った納豆巻きが手元にありました。お弁当は基本持ち込みOKです。アルコール類はダメかな? 詳細不明ですが。ゴミは持ち帰り原則。高尾山に限らず、アウトドアでの大原則です。タバコの吸殻も、夢も希望も疲れも怪我も、全て持ち帰りましょう。

 さてと、うーん。高尾に戻りたくない衝動。つくづく、人沢山な高尾が嫌いなような。以前、雨の日にケーブルで登った時は、人もまばらでいい雰囲気でした。景色なんて何にも見えないんですけど、薬王院の大杉とか、権現造がもやに包まれる様は実に神秘的で、霊山をビンビン感じたものです。そういうのが好きなんですよね。高尾山だけ楽しむなら、絶対雨天がお勧め。冗談抜きで、雨の日に登ってみて下さいな。自力で登るなら、1号路が舗装されているので安全です。

 はい、もうお決まりコースです。高尾に戻らず、小仏城山に向かいます。私のフィールドは基本的に、奥高尾ってことらしいです。要するに高尾山頂がスタート地点みたいな。
 さて時間は午後3時半。城山までは大丈夫としても、下山はどうするかと。実は高尾縦走は下山路に恵まれているので、その点でもあまり心配は要りません。午後4時を目処に、一番近くの下山ルートで降りれば、大抵日没に間に合います。午後4時に城山到着と見積もって、構わず直行。

 そして予定通り、午後4時に小仏城山登頂。ガスってて景色はよくないです。茶屋も既に閉店。汗で湿ったシャツをパンパンと叩いて絞っていると、普段着的なカップルが登ってきました。城山は初めてかしら。こんな時間に登ってきて大丈夫かな。まるで人事のように気にしながらも、ぼちぼち下山。

 城山からの下山ルートは、整備された林道があるので楽です。大抵茶屋がある山なら、最低でもトラクターで登れる林道が、山頂まで繋がっていたりします。でないと、大量の商品を運べません。そんな林道は比較的整備されていますから、楽なのですね。突然の雨とか、足腰の故障などの際には、こうしたルートを覚えておくと助かります。

 小仏城山の林道は「日陰沢林道」とも呼ばれます。元々は、頂上にあるNTT(当時は電電公社)の電波中継施設の建設目的に整備されたものと思われます。真下に中央道があり、相模湖方面への電話中継には欠かせない施設だったのでしょう。しかし現在は、パラボラアンテナは一つもありません。光ファイバーの大容量ネットワークが整備されて、現在は電波中継はほとんど行われていないんですね。しかし携帯電話の普及に伴い、今では携帯電話用の基地局として機能しています。なので、奥高尾はDocomoであれば問題なく通話できるのですね。他社は不明です。多分無理かな。

 日陰沢林道は、頂上付近から舗装されています。途中から砂利道。ここは今だと、杉の伐採が進んでいて眺めがいいです。高尾山頂から小仏城山までの尾根が、全部見渡せる絶景で、自分が歩いてきた尾根が一望できます。これがまた面白いです。どんどん歩いていくと、杉林がどんどん深くなっていき、最後には沢にたどり着きます。キャンプ場などがあって、道端では湧き水も染み出しています。この水が冷たくておいしい。

 さてさすがに暗くなってきました。旧甲州街道に出る頃には、もうだいぶ暗くなってました。5時前に無事にバス停到着。時刻表を見ると、うーん。17時41分。それまでボーっと待てというのかぁ。なら、歩こう。旧甲州街道をてくてく歩きます。

 薄暗くなりながらも、建設中の圏央道が頭上に。まだ繋がってなかったのね。嗚呼、高尾の山腹に大穴が開いてる。これもまあ国策故、仕方ないでしょうか。自然を守りたい気持ちと、利便性との板ばさみ。道路脇には「圏央道反対」の看板があちこちに。難しいものです。この建設風景は、1号路からも上から見ることができます。自然を大切にするということの難しさを、是非皆さんも、ご自分の目で確かめて頂ければと思いますね。それは、高尾山に登る、という行為そのものに対する、一つの疑問でもあります。

 しばらく歩いて、旧甲州街道の小仏の関所跡に到着。バスはあと10分ほどで来るようで。ここでギブアップ。この関所も久しぶりに来ました。昔は父と、通行手形に焼印を押してもらいに、ここまで歩いてきたっけ。懐かしい思い出。もうすっかり暗くなってしまいましたが、今回も楽しませてもらいました。高尾山に感謝の気持ちを込めて一礼。また来ます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 1 week ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。