KunadonicLiveSpaceSystem

シューズ履き慣らしですよ

Posted on: 2010年11月10日

 高価な靴ほど、履き慣らしが必要。スケート靴での経験から、新たに購入したトレッキングシューズも街中で少し履き慣らしてから、山に履いて行こうと思いました。

 ハイカットのシューズは初めてではありませんが、スケート靴と比べてみたら、カットラインは全く同じでした。履き心地も極めて近いです。靴底の硬さもほぼ共通。ジョギングシューズや普通の靴なら、靴底は結構柔軟に曲がりますけど、さすが山登り用の靴。スケート靴のように硬いソールです。こういう靴底には慣れているので、むしろ違和感は少ないですね。

 靴底から伝わる、地面のダイレクト感も悪くないです。クッション性は期待できない反面、足全体で踏みしめる感覚がビンビン伝わります。インソールは、以前買ったSofsoleのHikeをそのままイン。デフォルトのインソールより、クッション性とダイレクト感は向上しますね。

 トレッキングシューズの履き方も、スケート靴と同じです。サイズの合わせ方も、驚くほど一緒でした。全く違う世界の靴なのに、ここまで一緒というのも気持ち悪いですが、それだけ理論が確立しているともいえるでしょうか。意外にも、目指すところは同じなのかも知れませんね。

 こうなると、スケート靴で慣らした足にとっては、もう最高。違和感どころか、靴底のブロックパターンや路面の硬さ、形状まで感じ取れます。スケートでは、支点の緻密なコントロールを要求されますが、その過敏な足の感覚にも十二分に反応する、フィーリングですね。凄いです。

 スケートとトレッキングの相乗効果は、最初のうちは全く見出せなかったのですけど、この段階では随分と色々あるものだと、関心しきりです。特に靴。

 よく、スケート靴でも「かかとをピッタリ合わせた状態で、指先に1cm程度の余裕」なんて言われます。これも理屈を鵜呑みにしていましたが、理由が分かりました。長時間靴を履いていると、土踏まずが伸びるんですね。で、この1cmの「捨て寸」が、段々と狭くなってくるんですね。つまり、足の実際の大きさが、時間と共に長くなるんです。それを吸収するための余裕が、捨て寸。

 私のスケートの場合、確かに土踏まずが若干伸びることは感じています。最近の靴紐の締め方でも、つま先部分が広がって、足指の付け根が締まってくるのが分かります。足が大きくなってるんですよ。足の疲れに伴い、紐を締め直すと疲れにくいというのも、この現象を防ぐための対処だといえます。足は、常に変形しているんですね。

 スケートですと、8時間を越えるような長時間の滑走と言いうのは滅多にありません。精々、富士急のオールナイトかそんなもんでしょう。それでも、ここ1年くらいはそんな長丁場でも、疲れを感じたことはありません。土踏まずの保護が、効いているのでしょうね。これをトレッキングシューズにフィードバックさせれば、長時間のトレッキングでも疲れないことになります。要するに、土踏まずを保護すればいいんです。

 私のスケートシューズは、捨て寸は少なめの6~7mm程度です。これで、疲れも外反母趾も、肉刺もほとんど発生していません。結局は、靴の紐の締め方。ひいては、土踏まずの保護の仕方如何で、疲れも肉刺も、外反母趾も防げるんだとということでしょう。

 と、そんなことを考えながら、街を歩いてみました。何だか、スケート靴で歩いているような感じでしたね。楽しかったです。

広告

コメント / トラックバック4件 to "シューズ履き慣らしですよ"

こんにちは。
スケートなさるんですよね~。
その様子は、写真にならないのですか?笑

街歩き、楽しかったみたいで良かったですね。

そういえば写真を撮ったことはないですね…。
インラインスケートの動画なら、どこかにあったかしら。

スケート靴との共通点を見出したんですね。

今日の日記に書いてますが、わたしはここのところ足が痛くて痛くて泣けてきます。
硬い靴はダメなのはわかっていたのですが、ちょこっとやってるときは感じてなかった痛みがではじめて、あぁスケートも靴が硬いからダメなのかなって凹みました。

でも、あおいさんがいわれるように紐を結びなおしたり、履きなおして靴下や足の位置をちょっと変えるとまた少しは力いれられて滑れるようにはなるみたいです。

これをちょっと研究しつつ、長い時間履けるようにしたいです。
ただ痛い場合は危ないからやっぱり早めに切り上げるとかして自己管理もするつもりです。

 あくまで私の場合なんですけど…。

 靴紐を締め上げる時に、足指でグーパー…ジャンケンみたいに動かしながら締めていくと、外反母趾の痛みがかなり解消されました。なんでしょう、指が自由に動く締め加減、というのかな。指を動かしながらもしっかり締めてるので、指が動くのに靴の中で足がずれたりとかしないんですよね。

 で、以前お教えした通り、つま先を立てて足首をしっかり締めると、靴はしっかり固定されていて、指はちゃんと動く、そんな感じになります。私はそれがベストな状態ですね~。

 外反母趾って、指の自由が利かない状態で悪化するような気がするんですよ。そういえば、スケート靴は思いっきり締めても指が自由に動くから、今まで大丈夫だったのかな? 最初に買ったトレッキングシューズが、今思えば指が当たってました…(^^ゞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 4 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。