KunadonicLiveSpaceSystem

風邪気味なのに雨の中高尾山ですよ

Posted on: 2010年11月22日

 鼻をズビズビしながら今日も仕事はぼちぼち。あ、雨か。雨だ。…雨だ!

 もうダメです(笑) 京王線に飛び乗ってました。嗚呼高尾が呼んでいる。(呼んでません) 雨の高尾は大好きなのです。11:00高尾山口行きにて高尾山口。さあ、雨だ!

 高尾山は、霊山。修行場でもあります。雨は、この山の景色を大きく変えます。草花は瑞々しく、木々はより蒼く。普段は目にしない様々な生き物の息吹を感じられる貴重なひととき。

 もちろん、これを全身で体験するには、準備も知識も、経験も必要です。
 まず行動雨具となるレインスーツ。前にも書きましたが、防水透湿性能が重要です。これまでも、どんなに晴れていても常にザックに入れてありました。使わなかった事が幸いなのかわかりませんが、今回が初使用。果たして性能や如何に。
 次に、レインハット。レインスーツのフードでも事足りますが、顔周辺と首回りは、風が強くないならなるべく露出していた方が、快適。レインスーツ+レインハットで、ほぼ日常通りの身の包み方で行動可能。レインハットも防水透湿仕様。つばが広くて、首周りからの雨の侵入を防げます。
 さらに、レインスパッツ。ゲイターともよばれます。ブーツへの泥の侵入を防ぐもの。ブーツの裾部分にかぶせて使いますが、レインスパッツは靴紐部分からの浸水も防げる作りになっています。
 最後に、ザックカバー。バックパックは防水ではないので、これも必須。

 これらを高尾山口駅にて装着。雨仕様フル装備で、稲荷山コースに向かいます。ドキドキわくわく。
 稲荷山コースは水はけがいいので、水溜りも少ないです。雨の日に選ぶコースは基本的に、稜線がベスト。泥まみれになる可能性が低いからですね。逆に沢沿いのルートは、増水の危険はもちろん、水溜りやぬかるみも多く、湧き水に浸っていたり、道そのものが川になってしまったりと、危険度が高いです。

 快適な稲荷山コースを、雨に打たれながら進みます。おー、全然快適だ~ヽ(^。^)ノ 水溜りを避けながら進むのでペースは落ちますが、それのお陰で返って疲れは少ないです。さすがに湿度が高いので、汗がどんどん蒸れてきます。ぬ、これはミドルレイヤーいらないな。坂を登り切り、東屋にてファーストレイヤーのみに変更。うん間違いない。ミズノのブレスサーモの上に直接レインスーツで、とても快適に。この気温なら、2枚で充分ですね。
 2枚にしたとたん、蒸れが一気に解消。おー、これが透湿なのかあ。すごいすごい。雨をガンガンはじいているのに、中は全然蒸れません。なんて快適なんだろうヽ(^。^)ノ 雨の登山がこんなに快適なら、今まで躊躇することなかったなあ。

 レインハットも調子よくて、後ろ髪が少し濡れますが顔は全然平気。首回りにネックウォーマーをつけていましたが、これはさすがに汗でびっしょり。東屋ではずしました。ゲイターはレッグウォーマーの上に付けられるので、暖かさもばっちり。シューズも多少のぬかるみや滑りやすい木道も全然大丈夫。

 あー山波が霧に包まれて、凄く幻想的。これが霊山、高尾山だよ。紅葉・黄葉が流れるもやに包まれて、不思議な色合い。っと、カメラのポーチはザックの中か…カバー付けてるから取り出し困難。まあいいや。

 ほぼ標準ペースで山頂。やったーヽ(^。^)ノ 登り切った頃には雨も止んで、薄日が刺してました。もうレインスーツはいらないかな。雨仕様はここで解除。ふう、ありがとう雨装備、感謝感謝。君たちのお陰で快適でした。泥道対策にゲイターだけつけたまま、ザックに収納。そして恒例の細田屋さんでなめこ汁。嗚呼美味しい。


丹沢の山々

雲海の山頂 もみじ台より富士山方向

 何だか仙人気分。さてと、雨が酷くならないうちに降ります。ルートは最も安全な1号路。1号路も基本的に稜線の道です。舗装されているから軽装でも普段着でも大丈夫。この道は、傘を差して降る人も多いですね。気楽に降ります。

 15:00には下山。やっぱり雨の高尾は楽しいです(*^_^*)

広告

コメント / トラックバック2件 to "風邪気味なのに雨の中高尾山ですよ"

あおいさん、”ならし”じゃなかったでしたっけ? 靴の。

なんか高尾山大好きな人に聞こえてきますけど…(笑。
風邪大丈夫ですか?

 高尾山は、小学校以前から遠足で毎年来てましたし、オリエンテーリングも数回しました。自転車登頂が禁止されていなかった頃にも、自転車で上ったことがあります。私にとっての山登りの原点が、高尾山なんですよ。

 今みたいな大混雑は正直望んでいませんけど、高尾山が好きだというのは間違いないですね。特に雨の高尾山。靴の慣らしは完了してますw 今回は「雨具のテスト」かな。

 風邪は、まだ鼻がズビズビです。なかなかしぶといですね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2010年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも正直、HFで一番楽しみというか、期待してるシーンってアーチャーが消える間際?の凛の髪をなでるとかなんとかなもう筆舌に尽くし難いけど本当に好きなシーンで切ないんだけどほんとそこ映像化してくれるの嬉しすぎるので今からドキドキしている…!(混乱) 4 days ago
  • HFももう明日公開なんだなぁ…。いつ行けるかまだわかんないんだけど、グランドシネマズでやってもらえるの有り難い~。 私、凛スキーだけど…今は本当桜応援してるよ…士郎と幸せになってくれよ…。 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。