KunadonicLiveSpaceSystem

釣りガールはない、ですよ

Posted on: 2011年1月31日

 森ガール、山ガールときました。次に来るのが「家ガール」だとか「釣りガール」だなんて言われてますが、いずれもありえないかと(笑) 何故なら森も山もファッションだから。家はファッションになりえないし、釣りが流行るとも思えません。

 そもそも森ガールと山ガール、似ているようで別物。森ガールはファッションスタイルを指しています。別にその格好で森に行くわけではありません。凡そアウトドアに向いている格好でもないです。個人的には好きだし結構着たりしますが、定義は曖昧だし、雑多の安服もそれに乗じてあふれ出したのが去年の夏ぐらい、中途半端な森スタイルも多くなって、その実ブランドやデザイナーが明確に存在するわけでもないですね。一種のサブカルチャーとも言えるでしょうか。
 元々手作りスタイルのカテゴリだったようにも思うのですが、それを形容するものがなかったというのが、本当のところかも知れません。

 Wikiにmixiなんて書かれているところからしても現代的ですね。ロリータ系との相違はともかくナチュラル系との違いは、私にもわかりません(笑) けど生成りとか天然素材、北欧系は森ガールを意識する前から好きでした。北欧系は最近になってようやく入手しやすくなりましたけど、以前はなかなか難しかったです。それこそブームというものかもですが。
 ロリ系は嫌いじゃないんですけど、あれは難しい…。下手なコスプレよりハズいし。ゴスロリもねえ。退廃的ファッションは一般人には理解しにくいから。同じ理由でパンクもそうですね。相方はメタル~パンク好きなんですけど。

 山ガールはまさにサブカルチャー。自分が乗じているからではないですが、山登りそのものをファッションにしてしまった、かなり強力なブームですね。森ガールが森に行かないのとは対照的で、山に行くためのファッションでもあります。山が先かファッションが先か、というとこれはファッションが先。まず山ガールファッションがあって、それを補完するのが山登りという位置づけ。

 ところが、道具にハマれば山にもハマる! 山ガールファッションを着込むには、目的が必要。そこに山がないとダメなんです(笑) だから山に行く。森ガールは森に行ってはいけないんですが(いけないんですよね?w)、山ガールファッションは山に登るためのもので、原宿や渋谷をその格好で歩いたら大恥かきます。まあ実際は、かなり洗練されてきてるので恥ずかしくはないかもですが、ハードなブーツとかド派手なジャケットとかは違和感あるし、見る人が見ればこれからどこに登るんだ?ってなりますから、「代官山」「青山」なんて言っても笑われますし。やっぱり「立山」とか「八ヶ岳」とか言うとカッコいいのは確か。そういうファッションですね。
 後はもう、どんどん登るわけです。富士山のみならず、3000m級にもガンガン登る。高尾山は週末のハイキングコースで、奥多摩とか丹沢なんかにもふらふら登っちゃう。それが山ガール。

 山に登らない人には???でしょうけど、ここ数年の山ブームは実際凄いんです。どのくらい凄いかというと、近年の高齢者の登山ブームどころか、かつての山ブームをもはるかに超えるものになってます(「山と渓谷」より)。登山人口がうなぎ登りなんてもんじゃなくて、爆発的な数。数倍とかそういう数字です。山ガールもそのブームの一翼なんですが、年齢とか性別を問わずにブームになっていて、山ガールが山ブームと協調したものとも言えるでしょうね。

 高尾山に登ればわかります。今、山が大変なことになっています(笑)

 そんな山ブームと山ガール。それを黙って見過ごしたくない、アウトドア関連産業。釣具メーカーにとっても、願ってもないブームの到来となるか?? 確かに昨今、釣りにハマる女性は増えたようです。私もまあ、父と一緒に川にはよく行きましたし、一緒に釣り糸を垂らしたものですが…。

 登山と釣りの、決定的な違い。登山は多人数でワイワイと楽しめますが、釣りはかなり孤独。静かにするのもマナー。登山は概ね目標を達成できますが、釣りの釣果はギャンブル。全く釣れないことも楽しみにできるかどうか。ルアーやフライだけならともかく、ゲテモノを針に刺せるかどうか(私はイヤ)。果ては、釣った魚を捌けるかどうか。登山どころじゃない、物凄く高いハードルな気が。

 といいつつ、私もルアーでブラックバスとか好きでしたし、父と釣堀でへらぶななんかもやりました。諏訪湖でわかさぎ釣りもやりましたね。だからこそ…、釣りガールはないと思うんですけどね…。いえまあ、釣りを楽しむ女性は、カッコいいとは思いますよ。否定はしませんよ。でもファッションじゃないなあ(笑)

 近代登山ってまさにファッションだと思うんですけど。キャッチ&リリースの釣りはそれに近い気もしますが、食べることを目的にすればするほど汚くなる(笑)感じがしてなりません、色んな意味で。
 と、色々書きましたが、本当に釣りガールがブームになったら凄いなあ。そしたら私も釣りするのかな…。うーん、するかも(爆)

 どうでもいいですが、山ガールの次は「家ガール」って、これは間違いなく消えましたね。まあファッションじゃないし(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2011年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @okome_dbs: 阪俺お品書きできました~。新刊をとても早く作ってしまったのでグッズも作ってみました。実用重視でバッグとメガネ拭きです、自分用の延長です。 しこ(やなうるぴ)様の委託品もあります。お隣は菜々様なので遊アキのようです♥ https://t.co/9cA… 2 days ago
  • RT @hanatsumi: 早くも続編のリリースが待ち遠しすぎるゆるゆる劇場。実は大昔別名義で同人誌まで出してたりして。結構な数余ってるので新たにハマった人に配って歩きたいところだけど、この本劇場版ネタだから劇場版がリリースされないと配れないな。あー劇場版がリリースされないと… 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。