KunadonicLiveSpaceSystem

雪の高尾山ですよ

Posted on: 2011年2月14日

 先日の大菩薩嶺で、雪山の愉しさを知ってしまいました。久しぶりに、本格的な雪となった高尾。もちろん、行かないはずがありません(笑)

 いつも通りの朝7時出発。雲ひとつない快晴! 遠くの山並みが雪化粧しています。楽しみだなあ(*^_^*)
 京王線に乗り込んで、8時高尾山口。さあ出発! 雪深い沢コースを見たくて、6号路を選択。わくわくしますね。

 樹氷というか、雪をかぶった木々が凄く綺麗。まるで別の山というか、本当に水墨画の世界です。怖いくらいに絵の中に溶け込んでしまったかのような、錯覚を覚えます。普段も静かですが、張り詰めたような無音。時間が止まっているような。時折、木々からぱらぱらと雪が落ちてきます。それも粉雪。晴れているのに、雪が降り出したような。桜の花びらのように粉が舞います。綺麗すぎます。

 

 道の途中のベンチに、誰が作ったか小さなゆきだるま。かわいいです。道も階段もふかふか雪。ここまでの道は滑ることはないですね。どんどん登って頂上です。

 ここにも大きなゆきだるま。童心を掻き立てられます。さて景色は。

 最高のコンディションですね。空気が綺麗だし、山の雪化粧がより立体感をもたらしてくれます。丹沢も富士山もすばらしいです。相模湾も見えました。

 さて、ここから本格登山。大菩薩嶺で慣らした4爪アイゼンを装着。ここからは雪も深く、斜面もあります。念のため装備。でもまあ、慣れた人ならいらないかもです。しかし経験則では、「アイゼンが無くて良かったと思う場面は全く無いが、アイゼンがあって良かったと思う場面は常にある」。木道や木の根を痛めるとか、判断には難しい側面もあります。でも、使うべきときにはしっかり使うべき。怪我をしてから後悔しても遅いんです。

一丁平から犬越路。懐かしいですね。一丁平に集まる人々。

 本当に新雪。粉雪ですね。踏み跡はしっかりしていて歩き易いです。どんどん進んでみます。普段は巻いてしまう一丁平も登ってみました。ここも富士山が良く見えます。あっという間に小仏城山。

 本当に景色が綺麗。スカイツリーがくっきり。筑波山まで見えますね。これは景信山が楽しみ。時間もまだ10時頃。どんどん行っちゃいます。 小仏峠脇の竹林。竹がぐんにゃりしてます。雪って凄い。そして昼前に景信山到着。


 いつも通り、7K1XXSさんがQSO。話しかけようと思っても、いつも交信中なんですよね。東屋でカップめんを食べて先へ進みます。

 ここから選択肢。陣馬山を目指すか、北高尾に行ってみるか。北高尾山稜は何度も紹介している通り、かなりのハードコース。雪だし大丈夫かな。ん、なんて迷ってるくらいなら、行ってみようヽ(^。^)ノ 相当体力を絞られることを覚悟しながら、気分はわくわく。
 景信を降って、途中の堂所山ピークを目指します。

 堂所山頂では珍しく人が(笑) ベンチも空きが無いのでパスします。雪深い北高尾はどんなもんでしょう。

 やっぱり雪は深いですね。踏み跡も少し弱いかな。むしろ快適。どんどん行ってみます。

 うーん、さすがに急坂。下に降りれば降りるほど雪が薄くなるような。でも関場峠~狐塚峠まではふっくらしてました。脇の林道にも深い轍。アイゼンは絶対あったほうが安心です。踏み跡の多くはアイゼン付いてないんですけど、所々に足を滑らせた跡が。これ、アイゼンあれば防げるのに。身には変えられません。

 途中、XXSさんはいるかなと無線機をON。あ、いた…と思っていたら昼食チャージに。嗚呼またもやニアミス。とワッチしてたら、意外と知っている方々が。ここの稜線は標高自体は高くないし、展望が良い訳ではないから、ちょっとSメーターが低め。関東平野の局は比較的良好なんですが。そんな中JE1BYBさん。戸倉城山からCQでした。久しぶりにコンタクト。RS52・52で、恐らく日の出あたりの山が邪魔だったかも。杉の丸ピーク、標高は603mだったかな。交信できてよかったです(*^_^*)

 段々と雪が薄くなってきます。泥や砂利が顔を出してきます。うーん、アイゼンの爪が時々滑りますね。でもあちこちに雪があるし、斜面は急だから絶対滑る。仕方なくそのまま強行。爪も傷つくし道も傷めるけど…。これがアイゼンの難しさ。

  15:00頃、八王子城跡到着。はあ疲れた(笑) でも雪道は楽しかったです。アイゼンを外したのは天主跡。さすがに城跡内はアイゼン要らないだろうと判断。でも泥で汚れたアイゼンを持ったまま、どこかで洗いたいなあと思いつつ。途中の井戸の水が、涸れていなければ良かったんですけど。

 少し日が落ちかけながら、新宿のビル群もまだ見えます。今日も気持ち良い登山でした。


広告

コメント / トラックバック2件 to "雪の高尾山ですよ"

雪の山っていうのはキレイですね。
あえて寒いのに登る気持ちがなんとなくわかるような。

あおいさんが書いてるように、雪って時間がまるでとまったかのような
無音の空間を生み出すなぁと。その張りつめた空気感が本当にいいのですよね。
今、外は雪なので耳と目でそれを実感してます^^

ただ、アイゼンつけてないで登ったご夫婦が足を滑らせて転落というニュースを夕方みて、雪があっても下は氷だっていう専門家の説明に納得しました。
運動靴だったそうですが、それは危険きわまりないと。

あおいさんは準備、計画をきちんとたてられてるなぁと日記を読んでいて思いました。
楽しいものにするか危険なものにするかはそういうところで別れるんでしょうね。

雪山は本当にすばらしいです♪
その感動が少しでも伝わればと思って、
写真撮ったりブログ書いたりしてます。

どんなスポーツもそうだと思うんですけど、
危険は付き物ですね。それは避けて通れないもの、
でも心がけ次第で防げるんですよね(*^_^*)

事故とか本当に残念ですね。
それを防ぐのは、決して難しいことではないと思うんですけど…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。