KunadonicLiveSpaceSystem

気軽に百蔵山ですよ

Posted on: 2011年5月5日

 寝覚めの悪いみどりの日。時計は10:00。どうしよう(笑)
 思いついたのは、中央線沿線。高尾より先は小振りながらも、楽しめそうな山は沢山あります。上野原か大月手前あたりで、簡単に登ってこれる山と考えて、百蔵山に行ってみました。標高は1,003m。

 猿橋駅の到着は、12:00。片道2時間程度の登山コースなので、のんびりいきましょう。目指す百蔵山は駅からもよく見えます。美しい姿の山ですね。わくわく。

 

 中央道をくぐって進みます。桂川の大橋は巨大ですね。いつもこの上を通過してると思うと、何だか変な気分です。橋下は桂川。相模川の源流で、相模湖の上流では桂川と呼ばれます。国土交通省的には相模川と呼んでいるようですが、ここは甲斐の国。相模の川という認識は、ないのでしょうね。

 川沿いで休む人もいます。気持ちの良さそうな渓流です。私も川に降りて、休みたくなりました(笑)

 川を渡ると、下和田という集落。意外と人が多いです。車が頻繁に行き交います。どうやら、途中にある市営グラウンドで、何か行われているようですね。駐車場の車のナンバーが、岐阜とか。一体何やってるんだろ。サッカーか野球の試合?

 この市営グランドの先に登山道入口。それでもまだ民家が続いています。和田美術館という立派な建物があって、休館中なのかな。それを過ぎた辺りから山道に。あー気持ちいい(*^_^*) 新緑が綺麗ですね。

 管理された植林帯を抜けていきます。途中には湧き水も。飲んだら美味しかったです。この杉林は管理が行き届いていて、間伐も進んでいます。下草が元気ですね。木漏れ日が明るくて、風通しも心地よいです。この涼しさなら、夏の登山も気持ちいいと思います。ただ、登山道入口までは舗装道なので、市営グラウンドまで車で来る方がいいと思います。一応無料の駐車場で関係者以外駐車禁止とありますが、多分登山者なら大丈夫でしょう。ガイドブックにも止められると書いてあります。

 

 どんどん登って稜線へ。大同山という名前は後で知りましたが、眺めのいい支峰にでました。うーん、富士山はダメ。これからの季節は、富士山も苦しくなりますね。でも猿橋から大月の町が一望できます。いい眺めですね。さっき渡った中央道もよく見えます。豆つぶのような車が、細い中央道を走っています。

 心地のいい稜線を進み、あっという間に山頂やったーヽ(^。^)ノ 数名のハイカーが昼食など。広々とした山頂で眺めも抜群。大月市の富嶽十二景の看板があり、富士山が見えればなあと思いながらも、でも周囲の自然も豊かで飽きることはないですね。百蔵大明神の石碑とかがありました。由来については後で調べてみましょうか。広葉樹と針葉樹が、仲良く生えた山頂は、植物が豊かでですね。ウグイスもいました。蝶も色々飛んでます。食事をしていたら、脇の朽木にタテハチョウ(*^_^*) ゆっくり休んでいたので、写真に収めることができました。

 山頂をゆっくり楽しんで、下山開始。

 下山道は、ガイドにはかなりの急坂とあります。実はガイドブックとは逆に辿ってきました。別に意味はないです。持ってきたのは地形図だけだったので、たまたま逆回りになってしまったということなんですが。
 この急坂にはロープが張られています。ロープを頼りに降っていきます。特に難しいという坂ではないものの、雨上がりなどで滑りやすい時は注意したほうがいいでしょうね。それから、この箇所はステッキを収納したほうがいいと思います。

 こちらの道は広葉樹林で新緑が綺麗ですね。緑のトンネルが上から下まで覆い尽くしています。風通しも良いですし、日差しもやわらかくていいですね。夏場もきっと心地いいと思います。夏の登山にも良い山でしょうか。ウキウキ気分で降っていきます。

 山頂とこの下山道で、2局と交信しました。おなじみのJR1PCYさんとJE1BYBさん。この2局さんはいつも山岳移動されていて、お世話になっています。私は無線機を持っていくもののCQは出しません。同じ山岳移動の局がいたら声を掛ける程度です。この2局さんとは、またどこかで繋がるでしょうね。

 浄水場まで降りてきました。立派な施設で、沈殿槽には泥が溜まっていました。美味しい水でしたし、この施設で多くの家庭の水を賄っているのでしょうね。

 無事に先ほどの中央道下まで着ました。傍らにタワーとヤエザクラ。百蔵山は見ても楽しめる山ですね。小振りながら、心地よく楽しめる山でした。高尾山よりも楽しいかも(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも正直、HFで一番楽しみというか、期待してるシーンってアーチャーが消える間際?の凛の髪をなでるとかなんとかなもう筆舌に尽くし難いけど本当に好きなシーンで切ないんだけどほんとそこ映像化してくれるの嬉しすぎるので今からドキドキしている…!(混乱) 4 days ago
  • HFももう明日公開なんだなぁ…。いつ行けるかまだわかんないんだけど、グランドシネマズでやってもらえるの有り難い~。 私、凛スキーだけど…今は本当桜応援してるよ…士郎と幸せになってくれよ…。 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。