KunadonicLiveSpaceSystem

山に登ろう!ですよ

Posted on: 2011年7月27日

image

すっかりこのブログも山登りになってしまいました。フィギュアスケートも続けてますけどね。ただこちらは季節柄もあって、全く進歩なし。なので自ずと山の話ばかりです。今季は八ヶ岳、富士山、南アルプスを目標に掲げました。難易度は低いですが、高さも規模も知名度もそれぞれ抜群。日帰りのお手軽登山で、最大限の楽しみを得る計画。実際には、山小屋利用の方が難易度が低い場合もあります。日帰りは、体力や時間に妥協が許されない面が強く、状況次第で厳しくもなりますね。

さて、山登り。富士山はともかく、八ヶ岳も南アルプスも、皆様は相当困難と思われるでしょうか。実際は、高尾山よりは確かに厳しいですけど、驚くほどの難易度ではありません。必要なのは装備くらいで、技術や経験はそれほど必要としません。スケートのバックの方が遥かに難しいです(笑)

そう、大切なのは、一にも二にも装備。これ次第で、高尾山のような気軽さにもなり、生死を分ける地獄絵図にもなります。全ては装備が決めると言ってもいいくらい。登山は道具に始まり道具に終わる、と私の辞書に書いてあります♪明確な登山計画も、積み重ねた鍛練も、日々鍛えた肉体も、道具の良し悪しでは何の役にも立たない場合だって珍しくありません。そのくらい、道具が決め手になるのが、登山です。

そんな登山道具で最も重要視される「三種の神器」。それは、まず靴。登山靴ですね。それからザック。身の回りの装備を担う唯一の相棒がバックパックです。そして雨具。レインウェア、レインスーツとも言いますが、この三種の中でも取り分け重要なのが雨具。先だっての、トムラウシでの死亡事故も記憶に鮮明ですが、雨具次第では、本当に死にます。

取り敢えずこの三種を揃えれば、安心して高尾山を越えることができます。その他の細かい装備も難易度が上がる度に必要になりますが、さしあたって日帰りの低山であれば、これだけで充分に、安全に楽しめます。

靴。登山靴は、ご存じない方は是非一度、試しに履いてみてください。登山靴に必要な性能が一体どんなものか。履くだけでわかります。物凄く頑丈な靴底、しっかりした足首、それなのに何故か柔らかく快適な靴の中。値段にも多少驚かされますが、登山用品店にある坂道や悪路の台の上を歩いてみれば、信じられないほどの快適さが体感できます。安易な登山で足を痛める理由の大半は、靴が適していないことなんです。登山靴を用意することが、快適登山への第一歩なんです。

続いてザック。最近のザックもまた、物凄く進化しています。二室に分かれるのは当たり前で、腰で重さを支える作りで肩の負担が少なく、背中が汗でびっしょりにならないように、密着しない構造のものが増えてきました。レインカバーが内蔵されていたり、ハイドレーションシステム用の穴や取り付けベルトがあったり、荷物が増えた場合に一時的にサイズを拡大できるようになっていたり。これも値段相応ではありますが、日帰りデイバッグと侮らず、1万円前後で見比べてみてください。ビックリするほどの機能と構造です。三回、四回と山に登るようになれば、その細かな作りが心底有り難く感じられるようになります。三種の神器は、なかなか買い換えが進まない物でもあります。ザックは特に、使う前には必要性が見えにくいもので、使い始めてからどんどん、不足が出てくるもの。登山での大切な相棒と思って、大切な道具を任せられる素敵な相棒を見つけ出してください。きっと、長い間頼りになる仲間になってくれるはずです。

最後に雨具。生死を分けると書きましたが、選ぶのはそれほど難しくありません。札に「防水透湿」と書かれていれば、登山に必要な性能を備えています。価格差が下から上を見ると、八倍以上もあるので迷うかも知れません。上は「ゴアテックス」の大きな札がついていて、上下別なのに三万円を越えたりします。確かにゴアテックスは高性能ですが、それに続く新素材も、侮れません。コストパフォーマンスに優れていると評判なのは、オンヨネのレインスーツ。最高性能ではありませんが、通常の登山なら申し分のない性能で、上下セットで1万円程度です。オンヨネは普通の人にはあまり知名度の低いブランドですけど、スキー用品では意外と知られています。その他、mont-bellやヘリーハンセン、コロンビア、Foxfireなど、独自の防水透湿素材を展開しています。ゴアテックスは特に耐久性で他を圧倒しています。長い目で見るとゴアテックスも買う価値はもちろんありますが、それは「山に登ってみたい」から、「山登りが趣味」になってからでいいでしょう。恐らくそうなった時点こそ、最大の価値を持つものですね。それまでは、オンヨネ辺りでも充分。万が一の際に、間違いなく身を守ってくれます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2011年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 1 month ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。