KunadonicLiveSpaceSystem

膝の靭帯ですよ

Posted on: 2012年2月25日

スポーツに故障は付き物?いえいえ、それを乗り越えるのがスポーツの真髄でしょう。どんな人生にも失敗や苦難はあるもので、それを克服してこそ人生。そういうものです。

  実は最近、フィギュアスケートのジャンプの着地で、例の「膝の違和感」が顕著になってきました。膝のお皿の下辺り。調べてみると、これが有名な「膝の靭帯」だと初めて知りました。登山では始めたばかりの頃と、かなり厳しいルートの下山などで、違和感を感じたことはありました。最近は下山のコツを掴んだので違和感を感じませんでした。それが、ここ最近のスケート。軽いジャンプでさえ、ピシッと妙な痛みが走ったり。

膝の靭帯となると、これは鍛えていいものか、中断すべきか。間接、軟骨であれば答えも分かりますけど、靭帯は痛めてから治すもの?のような認識でした。予防できるならもちろん取り組みたいですね。
私の知る範囲では、痛めるのは明らかに「伸長性収縮」です。こうした負担の少ない運動といえば、水泳と自転車ですね。自転車なら膝に負担をかけずに筋力を鍛えられます。逆に登山は伸長性収縮を避けられないので向きません。

スケートのオフトレでは、かなり初期から自転車は取り入れていました。これは、確かに膝に負担をかけずに、確実に鍛える事ができました。それは登山でも生かされていたと思われます。気がつけば、登山とスケートばかりにのめり込むあまり、自転車でのトレーニングを怠っていました。スケートのジャンプにおける着地は、膝への負担がとんでもないです。ジャンプの練習に集中していたため、靭帯が悲鳴を上げたようですね。

さて。まずは膝に負担のかからない着地の研究。膝を曲げるな、いうのは無理かと思いますが、ベクトルは近いです。それから、筋肉武装。壊れる前に鍛えろの論。これも間違ってはいないと思います。この両方に取り組みながら、少しずつ改善していこうかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 来月はもうコミケ当落でしたっけ…。受かるといいなぁ(__*)落ちても君名本は一冊は作りたいな。 21 hours ago
  • 今週は後半お絵描き時間出来そうだから、らくがきかワンドロ系か何かお絵描きしたいな~ 21 hours ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。