KunadonicLiveSpaceSystem

アイソトロンも?ですよ

Posted on: 2012年3月6日

 アイソトロンいい?と思いながらCQ誌を改めて読み返すと。あれ?やっぱりこれも同軸がアンテナ化する??何だか良く分からなくなってしまいました。

 1/100λが夢かどうかと考えると、短縮アンテナで実現できなくは無いですから、夢じゃないとは思います。新しい理論というのも、それまでのヘルツアンテナとは違うという点でそう評しているのでしょうけど、今ひとつ説得力が無いような。共振型、進行波型といったものもまあ、何となくは分かります。でも並列共振とかいうのはさっぱりです。いずれにしても、理解できないので食指も動きません。

 こうなると、さてスクリュードライバか短縮ダイポールか、はたまたモービルホイップか、チューナーにワイヤー?うーん悩み。まあこの悩みが、楽しさでもあるんでしょうけど。
 短縮ダイポールは無いですね。7Mで幅の狭さに愕然としてますから。いえまあ7M拡張前ならそんなことも無かったんでしょうけど。
 同じ理由でモービルホイップも。さらに幅が狭いです。車では選択肢も無く3.5Mで使っていますが、±7kHz?3.55Mで調整しておきましたが、なかなか渋いです。利便性で考えれば、チューナーかスクリュードライバ。やっぱりここに行き着くのかな。

 スクリュードライバといえば、日本製は3種類?YAESUのATAS120Aか、ATAS25、そして第一電波のSD330。YAESUのは3.5Mに対応しないので、SD330しかありません。値段は張るものの、このタイプのアンテナはATAS120で慣れていますし、バンザイの7Mで対応しない周波数でも対応できます。そう考えると、悪くないですね。通常は3.5Mに調整しておけば、基本的には微調整だけすればいいですし。Up/Downはシガープラグで、安定化電源から給電出来ますね。微弱のキャリアを出しながらSWRを見て調整すればいいんですね。

 問題はアースでしょうか。エレベーテッドラジアル?1/4λだと3.5Mは20mですが、これってどう考えても難しいですね。ベランダからアース線を下ろして地面にアース棒を打つ方が楽なんですが、それで上手くいくのかどうか?そう考えるとモービルの方が楽ですね。ボディに同通させれば上手く機能しますから。うーん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。