KunadonicLiveSpaceSystem

春の銀河は好条件ですよ

Posted on: 2012年3月21日

毎年、お彼岸からGWにかけてが、銀河でのメインシーズン?かもです。というのも、冬季に行われていた学校のスケート教室が終了すること、リンクが比較的空いてくること、終了が間近となり心理的に追い詰められること(笑)が、その理由です。この時期に目標を立てて一気に習得、覚えることが多かったです。そろそろループジャンプを本格的に取り組みましょうか。

ループジャンプは数あるジャンプの中ではちょっと難しい部類でしょうか。左足で飛ぶサルコウと同様、エッジで飛ぶジャンプ。難しいのは、右足で飛ぶこと。着氷は右足なので、飛んだ姿勢のまま一回転して着地するイメージ。簡単な部類のジャンプは、挟み飛びのように飛ぶ足と着地する足が違うので、意外と楽。ループは言わば、回転する垂直跳びのような感じもします。

実際は回転するので、垂直跳びとは違います。むしろ、同じ姿勢を維持しながらの横飛びです。踏み切りの方法は、サルコウとほぼ同じ。右足でサルコウを飛ぶと思えば楽かも? いずれにしても、飛んだことがないのでわかりません。多分、極めて近いことはわかりますが。

サルコウは、フリーレッグがかなり効きます。ループではほぼ固定するので効かないでしょう。上半身だけでコントロールしないといけませんね。

エッジ系のジャンプとスピンの導入は、実は結構近いと思います。ジャンプもスピンも、氷上の一点をエッジで捉えるから。そう考えると、スピン+サルコウでループは解釈出来そうな感じです。足が右足になるという違いだけですね。

スピンはこれまでになく安定してきました。迷った甲斐はあったかもしれませんね。螺旋状の導入の際、姿勢を低くして軸を取りやすいように安定させることも重要でした。エッジはスリーターンの瞬間、ボールで氷上の一点をホールドします。すなわち、その場で止まる感じです。そこから回転力を解放しながら立ち上がり、軸を垂直にして安定させる。

シットも回転のきっかけは同じ。問題はしゃがみ姿勢をどう安定させるかですが、爪先荷重にしてフリーレッグをとにかく前へ伸ばすことに尽きます。中腰で安定して回っていれば、この姿勢を作るのは難しくない気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも温めてたらだいぶよくなってきた(*´Д`*)カイロ様様… 2 days ago
  • #このタグをみた人は好きな天ぷらを答える タラの芽  ナス 今食べたらしぬかなー(;´∀`) 2 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。