KunadonicLiveSpaceSystem

スピンがどんどん見えてきましたよ

Posted on: 2012年3月26日

緻密に下手な方法を試しては失敗し、の遠回り作戦。体感的な感覚や第三者の指示では、多分確信は得られないという経験則。結果論は全て、たった一言で説明できるほどシンプルなものばかり。そこには絶対無比のコツがあって、それ以外に必要なものは、それまで培ってきた技術の全てです。

例えばスピンであれば、まずバッククロス。バッククロスが綺麗に出来なくてもスピンが回れる、というほど甘くないです。そして確実なスリーターン。スリーターンが点で決められるほどの正確さが、芯のぶれないスピンの要。この二つが出来るようになって、初めてスピンを回せるだけの回転力を生み出せます。

スピンの回転は、遅い方が簡単かと思われがちですが、遅いのも実は難しいです。軸がぶれやすいからです。もちろん高速スピンは導入の正確さが要求されるので難しいです。さて、いずれも完璧であれば? そう、回転速度は正確さの上に成立こそしますが、比例するものではないのです。つまり、きちんと正確に回れるのであれば、遅くも速くもできるということです。

一般にわざわざ遅いスピンをすることは少ないです。アイスダンスで二人がシンクロするシットスピンなどはあります。これは回転速度を調整してこそシンクロしますから、遅くしていると言ってもいいですね。選手によっては音楽に合わせたスピンの回転数で演技することもありますが、稀でしょう。フリースタイルはスピンの難易度を上げてポイントを稼ぎますから、多くのバリエーションを生むためにも強い回転力が必須です。

初歩の練習では、私の経験則ですと、まずは遅くていいから回ること。この「遅くていい」は、練習に没頭するうちに見えなくなってしまうポイントでもあります。回ろう回ろうとすると、思わず速く回ろうと力んでしまい、軸も取れていないのに導入の型や体感的なコツからどんどん遠ざかってしまいます。まずは遅くていいから回る。それが掴めてから初めて、スタンドだのクロスフットだのに入るべきです。

手を胸に引き寄せれば、誰でも回転速度は上がります。しかし初歩の段階では、これを我慢した方がいいです。つまり、両手を横に広げたまま。この広げたままの状態で、長く安定して回れるようになった時こそ、軸が取れたということです。手を引き寄せて強引に軸を作ると、一点で回らず流れてしまうだけでなく、ボールに乗れず回転が乱れることもあります。両腕がしっかり延びた状態から回転に乗せられれば、それだけスピンも安定し、引き寄せた分だけ回転速度を上げられます。

力学的には、角運動量保存の法則として良く知られていて、必ずといっていいほどその解説には「フィギュアスケートのスピン」が取り上げられます。最初から速い回転を作るのではありません。両腕を広げた状態での「安定した回転」こそ、高速スピンに繋がるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。