KunadonicLiveSpaceSystem

言葉の深さですよ

Posted on: 2012年3月29日

言葉はその人の人格を表します。ひいては身分や職業、色々なカテゴリーにより使い分けられていました。明治以後も軍隊などは上下関係が明確でした。候文などの文語体も根強く残っていました。使われていた漢字も旧字体。

近年は法のもとの平等が実現し、言葉も大きく変わりました。身分の最上位となる天皇には、天皇にだけ用いられる究極の敬語がありましたが、それも今は使われません。

英語が広く世界で使われるようになった結果、単純化、平坦化が進みました。かつては英語にも複雑な表現があったと聞きます。時代の移り変わりに伴い、意味を成さなくなった言葉も多いのでしょうね。

前回の言葉について、一応正解を書いておきます。まず最初の「すごい綺麗」は、「すごく綺麗」。すごいを使うなら、「すごい。綺麗。」と文を分けないと変。続けるなら「すごく綺麗」ですね。

「地デジが見れる」は典型的なら抜き。

「カードのほうはビューロのほうへ」は、「ほう」の用法間違い。ほうは、二者択一でどちらかを示す場合や方向を表す場合に使います。釣り銭の「大きいほう」は正しいです。この場合は「カードはビューロへ」で通じます。

「そちらに行けれる」はれ入り。「行ける」「行かれる」ですね。

そういえば、中卒の旧友は言葉遣いにはとても気を使っていますね。「社会に出てからは半端な日本語では全然通用しない」そうで。何せ学歴では必然的に蔑まされます。しかし言葉遣い一つで、クライアントの態度が大きく変わると言います。言葉遣いはその人の真面目振りに通じ、責任感を相手に感じさせるんですね。結果として、いい仕事にも繋がるそうです。

広告

コメント / トラックバック2件 to "言葉の深さですよ"

言葉は難しいですね。
小学校の時に色々文法やら習いましたが、内容は殆ど忘れました。
それでも、会話にそれ程苦労しないのは子供の頃に周りの人々が崩れた話し言葉を使わなかったりしたからですかね。
本を読むのもやっぱり良いのですかね。言葉使いさえ間違っていなければブログ等を読むのも良いでしょうね。
ところで、『ちがかった』って聞いたことありますか?

本当に難しいですね。
難しいと思っていれば、それは良い意味で言葉の質を高めると思いますので、良い事だとは思いますけどね。配慮の行き届いた言葉は、やっぱり聞いても読んでも心に染み入りますし。

「ちがかった」は、ありますね~(笑)

形容詞の過去形「~かった」を無理やり付けて過去の形容のように表現している?
「違った」で通じるはずなんですが、過去の形容的にするなら「違ったみたい」「違ったようです」のほうが綺麗だと思いますけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 4 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。