KunadonicLiveSpaceSystem

武甲山ですよ

Posted on: 2012年4月16日

秩父の盟主、武甲山。

古くからの山岳信仰の対象で、頂上には御嶽神社があります。蔵王権現を祀った御嶽神社は奥多摩の御岳山と同様、古くから信仰の対象でした。

一方で、武甲山は秩父セメントの最大の採掘場でもあります。特に昭和の高度成長の時代に、多くのセメントがここから全国的に使われました。その量は想像を絶するほど大量ですが、今の山の形を見れば、その膨大さが窺えます。

山に登ると、いつも感じることがあります。登山をして自然に触れるといいながら、その行為そのものが自然へのダメージになっていないか。土足で山に踏み入ることは結局、山を保護するどころか自然を失うことに繋がらないか。

アメリカの自然公園は、通常は一般人の立ち入りが厳しく制限されています。狼を絶滅させてしまった歴史への、反省の意図が反映されているのかも知れません。たとえ山火事が発生しても、消火活動はしません。山火事もまた、自然の現象に過ぎないからです。

日本の自然公園は、立ち入りを制限するものではなく、むしろ積極的に人間の手で守っていこうという方向性でしょうか。古来から日本人の自然観は、自然と一体になるような信仰があり、その恵みを利用し生活に欠かせない存在でもありました。ですから、そもそも立ち入り禁止にして隔離することは、自然観にそぐわないのでしょう。狭い日本で、その恩恵を抜きにできないという事情もあります。

日本人の長い歴史は、自然との難しい折り合いをどうつけるのか、それそのものでもあるように思います。捕りすぎを防ぐために、狩を禁止する神域を設けたり、子連れの親子を狩らないこと、若い芽を必ず残すこと、渓流魚の禁漁期間などもその最たる例です。自然に歩み寄りながら、その恵みを最大限に利用するために、それを根絶やしにせず守ることを怠らなかった。だからそれらが今に伝えられているんですね。

しかし、明治の近代化の流れや、昭和の高度成長の時代は、そうは行かなくなった現実があります。特にニホンオオカミの絶滅は典型的です。狼は、こちらから手出しをしなければ、人間を襲うことはありません。古くは山の神として崇められ、大切にされてきました。それが秩父にある、三峰神社の御神体として今も守られています。

この武甲山の姿は、そんな難しい自然との折り合いを象徴するような姿。町を作るということは、山を削っていくことでもあります。普段は意識しなくとも、どこかで必ず傷つく自然がある。昔は、木材だけを大切に使い、町を築きました。今は最早、自然の犠牲なくしては電柱1本立たないのかも知れません。わずか100年前は、ここまで酷くなかったようにも思うのですが。

こんな武甲山にも信仰の歴史があり、むしろそれが、山の姿を保つに至る「自然公園」になっています。ギリギリまで削られた採掘場のすぐ裏に、御神域が広がっています。裏と表、まるで日本人の心の中を透かしてみたような。ジレンマというか。

狭い国土ですから、立ち入りを制限できる自然公園を作ることは難しいでしょう。またそんな自然の恩恵を古くから利用してきましたから、そうした自然保護の形もナンセンスです。しかし急激な発展は、やはりそれ相応のしっぺ返しを伴うものだったのですね。それを止める手立ては、例えば足尾銅山の話や白神山地の話などありますけど、数は少ないです。

今回の登山で気付いたことは沢山ありますが、ふと思ったことだけ書いておきます。

消防法。かつては木造の高層建築を3階までとしていました。つまり、五重塔や天守閣を作ろうとしたら、全て鉄筋コンクリートになってしまうのです。2000年に法改正され、現在は建築できます。その頃に再建された天守閣や五重塔など、みんな「ビル」な訳です。大阪城や名古屋城など、訪れて愕然とした方も多いでしょうね。そしてそのセメントは、この秩父セメントが使われているかも知れません。武甲山の一部で作られたかも知れないということです。

木造なら、植林したり間伐したりの手間はあっても、失われることはありません。日本の古くからの建築は、決して資源を無駄にしていませんでした。しかも植物は、二酸化炭素を吸収し、川の水を溜め込むかけがえのない存在。木造建築は日本人が培ってきた、最高にして最強の「技術」ではないかと思います。武甲山の神域は、厳粛な雰囲気の杉林ですが、そんな木々こそ日本の誇るべき「資源」じゃないかと、再発見した次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @okome_dbs: 阪俺お品書きできました~。新刊をとても早く作ってしまったのでグッズも作ってみました。実用重視でバッグとメガネ拭きです、自分用の延長です。 しこ(やなうるぴ)様の委託品もあります。お隣は菜々様なので遊アキのようです♥ https://t.co/9cA… 2 days ago
  • RT @hanatsumi: 早くも続編のリリースが待ち遠しすぎるゆるゆる劇場。実は大昔別名義で同人誌まで出してたりして。結構な数余ってるので新たにハマった人に配って歩きたいところだけど、この本劇場版ネタだから劇場版がリリースされないと配れないな。あー劇場版がリリースされないと… 4 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。