KunadonicLiveSpaceSystem

余命三ヶ月ですよ

Posted on: 2012年6月9日

そろそろ誕生日です。昨日はささやかながら相方がご馳走してくれました。休みが昨日しか合わなかったので。

この歳は間違いなく、私にとっては節目です。理由は、父。父が余命宣告三ヶ月を告げられた歳だからです。癌ですから、その遺伝子を50%の確率で、私も持っています。父を越えることなど何一つ無いだろうと思っていましたが、何事もなければ歳だけは越えます。何だか、奇妙な感覚です。

アンチエイジングも、歳に抗うことも、もちろん健康でいることも、私にとっては宿命です。何せ子供がいませんから。せめて、与えられた命は最後まで全うしなければ、先に逝った父に申し訳がたちません。この程度の生涯で旅だった父を思うと、時間を無駄に過ごせません。何をするでも、一所懸命。結果を出すことでなく、その一分一秒を真剣に生きる。ただそれだけです。

今年の始めに、父と大変仲の良かった叔父が急逝しました。近親が一人、また一人と逝く中で、その生き様を胸に刻みます。そんなのは格好の良し悪しでもないし、偉業の多少でもない。関わった毛の先程の関わりこそ、その人の生きた証し。それを我が身に生かし、繋いでいくことが、本当に「生きる」ということになるのかと。何れにせよ永遠も不死もない。だから必死に生きるのだし、それ以上もそれ以下もない。その生き様こそ生そのものです。

後悔なんぞ、何一つありません。父が死んだその瞬間から、一分一秒後、いつ死んでもおかしくないと思って生きてきましたから。ただ懸命に生きるのみ。生きるとは簡単に言っても、難しいことですが、でもその時を懸命に生きることはできます。懸命に生きていれば、後悔はしないもの。取り返しのつかない失敗はしないし、諦めもつくし、多くのことを許せる。どうせいつかは死ぬんだから、細かいことは笑って過ごせる。時間は絶対だから、どうにもならない代わりに、全てを解決してくれます。

あ、相対性理論では時間は絶対じゃないですが。まあニュートン力学的に時間を解釈してください(笑)

時間は稼げません。投資もできません。お金よりも身に付けた才能よりも大切。土地も資産も学歴も、時間の尺度の前には一切が価値を持ち得ません。現在の地球上で生命の根幹にある唯一絶対的な尺度は、時間です。一秒の価値は、千金に値します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 2 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。