KunadonicLiveSpaceSystem

ECUですよ

Posted on: 2012年6月14日

ヤフオクでSVXのエンジンECUを落札し、今日届きました。まずは蓋を開けて状況を確認。コンデンサの液漏れなどはなさそうでした。

image

ハンダごてなどを用意して、ハンダ不良を補修します。といっても、見た目ではほとんど判別できません。怪しいと思われるところを、片っ端からハンダ補充です。恐らくハンダクラックなどの不具合はなさそうなのですが、製造から15年以上経っている代物ですから、念を入れます。

概ね怪しそうなところは、全てハンダを盛りました。最後に、ピン端子の清掃。

image

綿棒に洗浄液を浸けて、丹念に磨きます。これも見た目は、全く問題なし。この端子、一部に金メッキがされています。接触不良で問題が発生しやすいことを示唆していますね。金メッキは全然汚れもなく綺麗でした。

さて、これで愛車の頭脳は問題ないということになります。これを整備工場に持っていき、取り付けてテスト。これで問題が解決すれば、既存のECUに問題があったということになります。これで解決しなかったら、後は…。端子の接触不良か、ISCバルブか…。目下、数字的に最も怪しいのはISCVではあります。ただ現象としては、稼働していないのに数字が乱れる、アクセル吹かしても回転が上がらない、ですから、ここは白ではないかという見解。やっぱり怪しいのは、ECUなんですよね。

いずれにしても、既存のECUは取り外してチェックしてみたいです。当たりなら、何らかの原因は分かるかもしれませんし、ハンダクラックなら直しておくのも手ですね。

それにしても、ハンダ付けとか車の知識とか、我ながら何なんでしょうね(笑) この相棒はダメ車ですが、相方を鍛え上げるのは上手かもしれないです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

涼規じゅん

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。