KunadonicLiveSpaceSystem

燃圧異常ですよ

Posted on: 2012年6月24日

色々調べる中で明らかにおかしい箇所を発見。それは燃圧でした。何故今更、という感じもしますが、実は燃料ポンプが交換してまだ3年経っていないということで、考えが及ばなかったと。プレッシャーレギュレーターの交換を経て、キーをオンにするとポンプが回り、燃圧が確認できますが、その際は異常なし。ところが、いざエンジンが始動すると、ガクンと燃圧が落ちます。

??? と。どうにか原因に迫る異常に行き着きました。やっぱり燃圧。でも、どうして燃圧が落ちるのか? ここからが推理の領域です。まず、燃料ポンプの回路図を確認。

燃料ポンプは単に回っているわけでなく、エンジンの回転数に応じて圧力が制御されています。それを司るのがポンプモジュレーター。そこにはセメント抵抗でしょうか、レジスターを介する線もあります。トランジスタ2個による単純な回路で、これが不具合を起こしている可能性が浮上。レジスターの断線も考えられます。

説明によると、「ECU ON時はモジュレータ信号はOFF、レジスタを介してポンプを駆動。ECU OFF時はその逆。」要するにアナログ制御でなく、デジタル制御。断続的な状態に陥って、ポンプの圧力が不安定になっていると考えられます。レジスターの断線でも、似たような状態になるかもしれません。いずれにしても明らかに、燃圧が異常ですし、ポンプもレギュレーターも正常となれば、この部分は極めて疑わしいわけです。

それにしても、ここに行き着くまでが長すぎ。プラグは消耗品と考えても、イグニッションコイル、エアフロ、タイベル、ISCV、プレッシャーレギュレーター、最後に排気系と。何らかの形で、最初に燃圧が低いことに気がついていれば、この遠回りはしなくて済んだかもしれません。

さて、部品の調達ですが、週末はパーツ屋が休みなので明日、問い合わせをしてみます。在庫があれば発注。これで様子を見ます。この部品の交換で変化がないなら、ポンプの異常やパイプの詰まりなど、物理的な不具合です。いずれにしても燃圧。的が絞れてきました。

ちなみに排気系は問題ないとのことでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 1 week ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。