KunadonicLiveSpaceSystem

ザック新調ですよ

Posted on: 2012年7月8日

通算で幾つ目のザックかしら。今手元にあるので数えると、5つ目みたいです。登山用だと4つ目です。一つは完全にお蔵入りで、もう一つは数年前の登山開始の頃に買ったColemanのカラーコレクション?だったか。今現役のザックは、日帰り低山用のVaude、Tacora20の白。そして重装備高山用のDeuterのFutura32。いずれも不足はなく、良き相棒なんです。が、Futura32はどうもかわいくない。現行モデルの新製品に白があって、これを狙ってたんですが、店頭では全く出回っていません。取り寄せ必須。なので、楽天で買いました。それが今日到着。

image

なかなかいいです。同じくFuturaの30SL。若干小さいですが、取り回しはいいです。細かいところはほとんど同じですね。若干ハイドレーションの通し穴が違ったりする程度。

実は白への拘りというのがあって、これは一昨年の川苔山。スズメバチ襲撃事件以来の、ポリシー。蜂に刺されないよう、なるべく白で揃えるというのが何となくあります。あれ以来襲撃は浴びていませんが、やっぱり怖いですね。ウェアは羽織り物を白にしています。が、白のザックって、なかなか無いんですよ。
ザックは何故か、原色もしくはダークカラーばかり。汚れやすいので、淡い色や白などは、これまで考えられなかったんでしょうね。そんな中で、ある日突然、店頭で白のザックを発見。これがVaudeのTacoraだったんですね。今はモデルチェンジして白は無くなりましたが。

実際使ってみると、確かに汚れやすいです。とはいえ、ザックは基本的には布で作られていますから、洗えないこともないです。頻繁に洗うものではないですけど、洗えると考えれば、白も悪くないですよ。何せ白のザック自体珍しいものですから、結構目立ちますね。バッジやアクセサリーで個性出してるので尚更ですけど。

30リッタークラスのザックは、日帰りでも装備の多い冬山や、夏の高山で活躍します。宿泊を考えるなら、40リッターの方がいいでしょうけど、30でも山小屋一泊なら問題ないです。避難小屋だと寝袋必須なので少し厳しいですが、夏場なら行けそうです。他、重いカメラを持っていく場合などですね。

今年の梅雨は、見事に週末攻撃してくれてます。車がないことも手伝って、山から遠退いてます。この時期の雨程度で山に登らないのも、勿体ないです。雨登山も楽しいんですよ。山は選びますけどね。眺望の山でなく、自然の豊かな山です。昨年は、檜洞丸に登りましたね。あのブナの原生林は、雨の時こそその美しさが映える気がします。

取り敢えずは、車の修理を待ちましょう。車検が切れたら廃車にする勢いですが、それだけは何とか回避したいですね。車が直ったら何処に行こうかな!?

候補地は、お手軽な雁ヶ腹摺山とか、富士見の御正体。まだ未踏破の丹沢山、それから曇取山かな。富士山は、もういいかなあ。誰か道連れがいるなら考えますが。北岳のリベンジもしたいかなあ。赤岳にも登りたいですね。うーん、やっぱり山登りたい…。

広告

コメント / トラックバック2件 to "ザック新調ですよ"

この週末は、一旦、天気が良くなりそうです。
車は、元気を取り戻したでしょうか?
檜洞のブナの原生林は。まだ元気なのでしょうかね?
昨年は、かなり害虫にやられたとか聞きました。まだ、未踏の山です。
ブナは、雲取のブナ坂で初めて葉っぱを見ることが出来ました。主峰の縦走では、枯れたブナしか見たことがありません。檜には、近いうちに行ってみたいです。

あーー、檜→犬越路間は両サイドがスパッと切れた稜線、長い鎖場と聞いていますので、怖くてチャレンジすらしていません。歩かれたようですね。
そんな度胸は、私にはないかも。

私も最近新しいザックを購入しました。DeuterのAirContact Pro50+15です。
山を始めたのは、2010年からで、最初のザックはVaude Brentia 26でした。その後、Deuter Futura40+10に替えたのですが、重量オーバー(20-25Kg→無線の機材)で使うことが多かったので壊れてしまいました。
それで、現在のザックになりました。

Deuterのザックは、サービスポケット等が多くて無線道具入れに重宝しています。(普通の人と違う視点で選択です。)

本当に雨の山は、素晴らしいですね。蛭ヶ岳登山が雨でした。
姫次から蛭の登り返しまでは、明確な踏み跡ではなく曖昧な道ですよね。そこを、ガスの中原小屋平を越えて歩きましたので、誰にも会わず深山で幻想的でしたが、道迷いの不安もありました。

山に行きたい気持ちはよく分かります。でも、半分は怖いなあとの想いもあります。
私は、山頂から関東平野を見下ろすのも好き。神になった気分です。

なるほど、ザック選びも目的によって様々ですね。シチュエーションに合わせて選ぶ楽しみもあって、結局私はいくつも購入するに至りましたが、それぞれうまく使いこなしています。

檜洞丸、絶対お勧めですよ(*^^*) 犬越路への稜線は、丹沢表尾根とほとんど同じです。細い稜線と鎖場のイメージはあんな感じです。もしどうしても避けたいなら、ツツジ新道から登って、石棚山経由で降りると周回できるようです。

山の楽しみは一つじゃないし、移ろいや四季の変化、ドラマチックな天候など、それも楽しみかと思います。ただ危険性はあって然るべきとも思っています。危険だから、予め準備をするし、注意もします。その結果として安全が確保できます。そのプロセスこそ、登山の最低限の心掛けでしょう。ケーブルカーやロープウェイなら他人任せで安全を確保できますが、そんなのは既に登山でも何でもないかと思います(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 1 week ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。