KunadonicLiveSpaceSystem

無線機取り付けですよ

Posted on: 2012年11月27日

さてついに、最大の難関アマチュア無線機の取り付けです。何故難関なのかと言うと、電源をエンジン脇のバッテリーからトランクまで引き込む必要があるからです。特にエンジンルームと車室内との間には壁があり、電源コードを貫通させないと、なのです。

とはいえ、勝手知ったる長年の愛車。前車も苦労しながら同様に加工したわけで、それを紐解けば何の事はありません。助手席前面にあるグロメットの貫通で、車内引き込みが可能です。

image

グロメット上部にカッターナイフで穴開け。そこをマイナスドライバー等を駆使して25sqの太いワイヤーを押し込みます。ほんの少しずつでも入っていけばOK。5ー56を注してスルスルと奥へ。作業自体は10分もかかりませんでした。むしろ部品を整理したり掃除したり、壊れた箇所を直したりという回り道で時間を取られますね。

全ての配線を無事に敷設して、バッテリーに繋ぎます。と、ここでバチッとショート。ヒューズが飛びました。やっぱり。実は太いケーブルの結線で、ちょっと不安がありました。そこで接触したしまったようです。仕方ない。ヒューズを購入しに三鷹超オートバックスへ。太管のガラスヒューズなので、入手も困難。

この電源ケーブルは、大音量のステレオアンプ用の電源ケーブル。アマチュア無線にはオーバースペックですけど、電圧降下もなく安定していますね。

image

アンテナもATAS-120AでちゃんとSWRが下がりました。基台と牽引フックとの接触部分の塗装もしっかり剥がし、シリコングリスで防水とさび止め。前車の様子から、これで全然問題ないですね。 三鷹のオートバックスで、レーダー探知機も衝動買い。といっても、最早これ以外なかったです。ユピテルのMF50Si。現在販売されている中で唯一の、コンシールドモデル。

最近のレーダー探知機は、フルカラー液晶画面で各種の情報を表示する高機能さが売り。しかし、SVXには似合わないんですよね。SVXはシンプルさとアナログの平穏な佇まいが売り、コンセプトです。ハイテクてんこ盛りであっても、それを微塵も感じさせない。少し古くても新しくても強烈な違和感。だから、液晶は根本的に除外です。

そんなことを言ってると…。SVXに相応しいレーダー探知機……。候補は2つ。コムテックのZERO 1Cか、これか。1Cはデザインもコンセプトも、前車のレーダーに近いですが、いくつかの欠点がありました。箇条書きにしてみます。

・電源がUSB
最近の傾向でしょうが、ヒューズや電源コードに割り込ませることを想定すると、面倒な仕様です。おまけに5Vという電圧もいただけません。

・デジタル表示部は夜間に全く見えない
昼ならともかく? 一応バックライトも付属のようですが、何も見えないと大評判。

・置き場の自由度が少ない
こうした変わり種は、機種変に備えたリサーチの意味もあるんだと思います。GPSの受信を考えると、窓際の宿命はありますが、それでもサンバイザー利用、ルームミラー裏面など、工夫の余地はあるはず。

・最後に(全てのレーダー探知機に言えるが)デザインがダサい。
ダッシュボードが今や、基本シンプル路線まっしぐら。機能美ならまだしも、どうにもデザインが。今時四角い液晶なんて、ねえ。

結局、考え方を原点回帰。何故メカメカしいデジタルを排除したのか。ダサいという形容をも恐れず虚飾を避けたのは、どうしてなのか。オーディオをカバーで覆ってみたり、平凡なメーターに落ち着いたのは、当時のスバルが試した一種の「侘寂」と、私は解釈しました。であるなら、コンシールドしかない。何故10年前私がETCを灰皿加工してインダッシュにしたかを思い出せば、答えは明らかです。

image

MF50Siは、ルームミラー裏に取り付け、専ら音声だけで警告する、時代の流れに反したかのような仕様。考えてみれば、レーダー探知機は元々音と光だけで警告していましたね。言ってみれば、過剰な液晶表示の否定にこそ、本来のSVXに近い資質があるようにも思えます。20年を経て、ようやく見えてきたものかもしれません。

ちなみに無線機は、コントローラーをオーディオ前に鎮座させていますが、使用しないときは運転席の下に収納。こちらもセミコンシールドだったりします。内装のオリジナルは極力保ってます。
image

インダッシュのETCと相俟って、メカメカしい形相と、シンプルな収納を両立しています。扱うにはかなりの慣れを必要としながら、高度な機能を凝縮したインターフェイスは、欲する操作を瞬時にアクセスできる極めて人間染みた顔も持ち合わせています。こういう味を持つデザインは、最近の車でさえなかなかありませんね。

三鷹からの帰り道、430FMで記念局のコール。世田谷区制70周年の特別記念局でした。日野の高台からコールし、59を頂きました。無事に電波も飛んでいます。これで概ね、前車からの移植は完了です。残すは、メカニックの手を要する大がかりな部品のみですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2012年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも温めてたらだいぶよくなってきた(*´Д`*)カイロ様様… 2 days ago
  • #このタグをみた人は好きな天ぷらを答える タラの芽  ナス 今食べたらしぬかなー(;´∀`) 2 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。