KunadonicLiveSpaceSystem

カメラの必要性ですよ

Posted on: 2013年2月20日

スマートフォンの内蔵カメラがあれば、単に記録写真を撮影するだけならそれで事足ります。登山の場合、使わない装備は全て死重。オールインワンのスマホでいいなら、わざわざカメラを持っていく理由はひとつもありません。ところが、現実問題として、必要になる場面があるんですね。

まず望遠。最低でも光学ズームがあれば、画質を落とさず撮影できます。普段使いのカメラであれば、望遠なんて飾りです。被写体を大きく撮りたいなら、近寄ればいい。富士山を撮影したいなら、望遠なんか買わず麓に行って撮ればいい。広角レンズはある意味必須ですが、スマホのカメラは広角なので申し分ありません。それでも、山上から富士山を撮ろうとするなら、望遠が必須になってしまいます。ネイチャーフォトとしても、小動物特に野鳥を撮ろうと思ったら欠かせません。確かに、登山では望遠の需要が確実に存在します。

とはいえ、そんなのは極めて限られたニーズ。はっきり言って景色を撮るだけなら、広角1本で充分。スマホで事足りるんです。

むしろ、絞りなんですよね。絞りを使いこなせるかどうかが、切れのある写真を撮れるかどうかの決め手。パンで精細画像にするとか、寄って開いて背景をぼかすとか、それはさすがにスマホじゃ難しい。ある程度ならできなくはないですが、やりたくないですね。

さて、本当にカメラが必要だとして、山に持っていくとしたら?という難問。オールインワンなどという都合のいいものはありません。そもそもカメラ自体が過剰装備。できるだけ小さく、便利なものがいい。防水性や耐候性に優れたものがいい。レンズが明るくズームも幅がほしい。ストロボ内蔵で、絞り優先のAEがいい。この条件を満たすカメラは、あります。でも、それさえ過剰装備。写真の撮影が目的ではなく、記録としてのサブツールですから。

でも逆に、写真を残すことが目的なら?そうなると、カメラに求めるものも大きく変わります。防水は雨や雪の撮影でなければ不要。ストロボも逆光の人物や日陰の接写などでなければやっぱり不要です。望遠も基本的には要りません。で、ちょっと目についたのが、OLYMPUSのペン。これにパンケーキレンズというのはありかも?レンズが交換できますから、特殊な需要にも応えてくれます。富士山が見えるなら、中望遠がほしいですからね。ミラーレスで本体が極めて小さいのも魅力。

と、考えても、やっぱりその需要はスマホで足りてしまいます。いざというときのデジタルズームで富士山は撮れるし、記録写真だと妥協すれば画質は構わない。何も大伸ばしして飾るわけでもなく。

よい写真を撮るには、技術が必須ですが、よいカメラは別に必須じゃないんですよね。需要あっての器です。そんなに素晴らしい写真を撮りたいかと言えば、それは撮りたいですけど。それを目的に変えてくれるような、妥協を許さない優れた器が、今のところ存在しませんね。なので、山用のカメラは未だ決めかねています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2013年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ

涼規じゅん

  • ストレス過多なのでね、動物園行って癒されたいなぁ…_(:3 」∠)_ 1 week ago
  • いいかげん浮上しようと思いつつなかなか…(;´Д`A ``` 久しぶりのお絵描きで焦っちゃうと上手くいかないね💦一から描きなおしたい~ でも息抜き出来た気がする。君名ワンドロさんお題が素敵なので(笑)また参加したいな~ 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。